ブログ友達のururunBYJさんから、ミュージックバトンというものを受け取りました。あちらこちらのブログで流行っているらしく、ググッてみると、約 179,000 件もヒットしちゃったぞ。

簡単に説明すると、音楽に関する四つの質問に答えて、五人にTBを打つ・・・という、不幸の手紙ブログ版のような感じなのかな、不幸じゃないからいいけど。

一応流行りモノっていうのと、ururunBYJさんからバトンをもらっちゃったということで、私も乗っておきます。


1.コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
→ 今まで考えたこともなかったけど計算してみると、7GBありました。

2.今聞いている曲
→ 最近は、奥様がハマッているハワイアンフラの曲ばかり聞かされてます。

3.最後に買ったCD
→ 最近ずっと買ってないけど、最後に買ったのはきっと、
  「ベスト・オブ・フィルコリンズ」だと思います。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
→ (1)中学生のときに好きだった、
     Policeの「Every Breath You Take」
  (2)高校生のときに好きだった、
     尾崎豊の「Seventeen's Map」
  (3)大学生のときに好きだった、
     TM Networkの「This Night」
  (4)昔から好きだった、
     小田和正の「君住む町へ」
  (5)なんか最近こんなん好きやね、
     Beginの「島人ぬ宝」

以上です。なんか、こっぱずかしいな。

で、私から次にバトンをお渡しする方ですが、
tmc47さん
たいちゃんさん
ma-ruiさん
rupanさん

4名様しかお付き合いがないのですが、みなさん、このバトンをどうそ受け取ってくださいね♪
[PR]
# by classixism | 2005-06-29 22:46 | Trackback(2) | Comments(2)

4人の食卓

チョン・ジヒョンが大好きな私は、今回「4人の食卓」という映画を見ました。
韓国ホラー映画というジャンルでちょっと躊躇したのですが、実際に見てみると、ホラーというよりかは心理サスペンスという感じでしょうか。日本やアメリカのホラーとはぜんぜん違います。だけど、ジュクジュクとした痛みはありますかね。
b0062010_21495279.jpg
そして肝心なチョン・ジヒョンはというと、「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」などの天真爛漫なキャラとはまったく異なる、すんごく暗く重い役どころです。さらに思ったのは、この役はチョン・ジヒョンじゃなくてもいいんじゃない?ということでした。ラストはまたまた「マジで?」という後味の悪い終わり方。あんまり人に勧めたくなるような作品ではないかな。

やっぱりチョン・ジヒョンはスッとしててかっちょよく、自我を確立した女性像を演じてほしいですね。
[PR]
# by classixism | 2005-06-08 21:51 | Trackback(1) | Comments(2)

半年ぶりの海です

このブログで、やっとダイビングのことを書くことができます。ブログのタイトルも「我が道を行くダイバー」となっているのに、海の話は一言もできませんでした。でもこれからは、海の話題がどんどん増えていきますぇ~。

6月4日
やっと今シーズンのダイビング、シーズンイン!
ホントは5月に潜るつもりだったけど、海がシケてて潜れなかったのです。そんなこんなで6月になってやっとこさ海に潜りました。

ダイビングサービスはいつもの須佐リゾート、ポイントはいつもの山口県萩市須佐町の深まてかたビーチ。この日の水温は18度。やっぱりまだ寒いっす(-Д-)。さらに気温も18度。ここんとこ28度くらいの暑い日が続いていたのに、潜る日に限ってこの寒さ、も~いやになっちゃう♪

海の中は、越冬したソラスズメダイのブルーがきれいで、海藻類にはあちらこちらにアメフラシが集まってウミゾウメンの産卵中。潮通しの良い岩場には、まだまだウミウシがいっぱいいました。サガミミノウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、フジイロウミウシなど。今回は、昨年の11月以来のダイビングであり、今シーズン初めてということもあって、リハビリダイブのつもりで、デジカメはもって入りませんでした。海の中の写真を見たい方はBlueScene←こちらが私のHPとなっております。

次回潜るのはいつになるかわかりませんが、7月中旬には高知県の柏島に行くつもりです。ダイビングサービスはいつものアクアス柏島を予定。さらに海の日前の土曜日は、前述の萩市須佐町の須佐漁協に協力する形で漁港の海中を清掃する予定です。
[PR]
# by classixism | 2005-06-07 23:58 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

久しぶりに韓国映画を見た。またまた泣きそうになった。
その映画とは、「永遠の片想い」。
b0062010_22464219.jpg

最初にキャストを紹介します。

まずは、チャ・テヒョン。
いわずと知れた映画「猟奇的な彼女」やドラマ「ハッピートゥゲザー」などに出演している若手俳優さんで、私の中ではNo.1の評価です。彼に好青年の役を与えると、自然な振る舞いなど、もうカンペキですね。私は未だに「猟奇・・・」のキョヌ役が忘れられません。

次は、ソン・イェジン。
映画「ラブストーリー」やドラマ「夏の香り」などに出演している若手女優さんで、私の中ではNo.1の評価であり、大好きです。彼女に透明感のある清楚な役を与えると、もうカンペキですね。さらに病弱な役だったりするとそのまんまって感じ。いよいよ今秋「私の頭の中の消しゴム」が劇場公開されるようです。これもまたまた泣きそうです。

最後は、イ・ウンジュ。
彼女の名前を知ったのは、彼女が命を絶った後でした。なので、彼女の演技はこの映画で初めて見ましたが、彼女の演技も飾り気がなく自然体で素晴らしいと思いました。
もうあの演技が見られないと思うと、今更ながら残念に思います。そして今更ながら、ご冥福をお祈りいたします。

ついでに、チャ・テヒョンの妹役は、ドラマ「秋の童話」でウンソの子供時代を演じていた女の子で、幼い顔つきですが、かわいらしいのです。

あらすじを簡単に説明すると、青春の恋愛映画といったところでしょうか。こんな話、普通に映画にしても面白くもなんともないけど、主演の3人の振る舞いが、上手いんです。そしてまたまた私お得意の感情移入モードに入り、終盤のドンデン返しでちょい泣き、ラストでまたちょい泣きΣ(・ε・;)。「永遠の片想い」というタイトルに納得。

見ていない方には是非お勧めする映画ですが、これを見る前にそれぞれの代表作を見てからの方がよいのではないかと思います。なので、「猟奇的な彼女」「ラブストーリー」「ブラザーフッド」を見た後に、この映画を見てみてください。
[PR]
# by classixism | 2005-05-29 22:59 | Trackback | Comments(2)

喜寿ですな。

この間の日曜日、ダイバー仲間の"たまさん"家の畑にイチゴ狩りに行きました。もうシーズンも終わりごろということでしたが、あま~いイチゴをたくさん食べて満足満足。たまさん、ゴッチでした。

その日、実は現地へ向かう途中で、私の車にメモリアルなことが起こりました。
b0062010_23492431.jpg

祝! 77777km

このLEGACY(BG5C TS-RB)は平成10年式で、3年落ちの中古で購入した際に、たしか12000kmくらいだったと記憶していますので、4年で65000kmくらいってとこかな。
先月車検を受けたばかりなので、もう何年かは頑張ってもらわないとね。

77777km記念ということで、愛しいレガゴンちゃんにはご褒美として、(今更ながら)フロントストラットタワーバーを買ってあげました。まだ取り付けてないけどね(゚Д゚ )ムハァ。
[PR]
# by classixism | 2005-05-25 23:59 | 車・バイク | Trackback | Comments(2)