ファーストエイド/CPR講習

先月中旬の話。

先日、いつもお世話になっているすさりぞーとだいびんぐさーびすで救急法のトレーニングを受けた。

リアクトライト(REACT RIGHT/救急法・ファーストエイド・CPR)というもので、緊急時の対処方法から、患者の運び方・止血法・心臓マッサージ・人工呼吸まで、色々な場面を想定して実践トレーニングを行うのであ~る。

くどいようだが、リアクトライトのサイトから一部抜粋すると・・・
「もし、日常生活であなたの家族や友人が突然倒れたり、周りの誰かが病気やケガをした時、あなたなら何ができますか? 119番通報から救急車到着まで日本国内の平均時間は6分位です。
救急法のトレーニングを受けていれば、救急車が来るまでの時間にファーストエイドとCPR(心肺蘇生法)により大切な命を救うことができます。リアクトライトでは、救急隊員に引き継ぐまでに傷病者に対して必要な応急手当、つまりファーストエイド・CPRをあなた自信の手で行えるように様々な手助けをいたします。」
ということなのであ~る。

これは、たまたま懇意のダイビングサービスがSSI JAPANのサービスであるからだけでなく、もともと緊急時に少しでも人の役に立てれば・・・と思っていたので、毎回受講して更新しているのであ~る。
ちなみに関係ないけど、私のCカードはNAUI なのであ~る。

また、ダイビングの際だけではなく、日常においても必ず役に立つことであり、そんな場面に遭遇したときに落ち着いて行動できる訓練として、重要と思うのであ~る。
b0062010_22114641.jpg
で、人工呼吸と心臓マッサージの患者役は、レサシ・アンさん(国籍:ロシア、普段着:ウィンドブレーカー、特技:脇腹から心電図をプリントアウトできる)。ちゃんと救助すると、レサシ・アンちゃん、しっかりと脈打つのであ~る。
[PR]
トラックバックURL : https://mariner.exblog.jp/tb/4336100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by classixism | 2006-04-04 22:14 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)