有名店に行ってみた

先々週、広島市安佐南区に仕事で行く用事があったので、nonoopyさんとよく食べてた東区のお好み焼き屋さんの「キャベツ」に行ってみた。

久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しかった。




今日は、五日市に仕事で行ったので、お好み焼き「八昌 (はっしょう)」に行ってみた。

実は、このお店は、初めて行きます。

五日市にあるのは知ってたけど、なかなか行く機会に恵まれず・・・。

ここは、広島でも有名な薬研堀の「八昌」の大将が開いたお店で、こちらも人気店なのである。



正午に行くと混雑が予想されるので、早めの午前11時にお店に行ってみると、大将が店の前でタバコを吸っていて、「もう、やっとるよ」というので、本日のお客第1号として入店。


注文は、「そば肉玉」。


まずは、どっさりキャベツとモヤシが蒸し焼きにされます。
それも15~20分くらい。


そばは生麺を使用とのことで、ラーメン屋さんみたいにまず湯掻いてから鉄板の上で焼かれます。


そしてなんといっても、このお店のスゴイところは、タマゴが全部、双子!!!


全部のタマゴが、黄身が2つあるやつ。


これは、ビックリしますね。



で、出来上がりのお好み焼きは、キャベツの層とそばの層に分かれていて、ミルフィーユみたいな感じ。

b0062010_1737068.jpg


味は、間違いなく、ウマー♪ です。

ボリュームもどっしりで、食べた後の満腹感は結構なもんです。
[PR]
トラックバックURL : https://mariner.exblog.jp/tb/19200655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-10-12 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by classixism at 2012-10-13 00:57
でしょ~。

結構な量のキャベツが入っているので、ボリュームもありますよ。
そして茹でたての中華麺はしっとりしていそうだけど、食べてみると、パリッパリになっていて、それもまたグゥ~!でしたよ。
by classixism | 2012-10-11 18:23 | 食・旅・温泉・山 | Trackback | Comments(2)