我が人生 6代目の車

大学を卒業するときに、初めて自分の車を買いました。

それが、HONDA プレリュード 2.0Si4WS


2台目は、スバル インプレッサ 1.8HX GC5C
3台目は、スバル レガシィ TS-RB BG5C
4台目は、スバル フォレスター CROSS SPORTS 2.0i SG5E
5台目は、マツダ プレマシー 20S CREW


そして、6代目となる6台目は、


スバル フォレスター X-BREAK SJ5D

b0062010_19372812.jpg
b0062010_19374923.jpg
b0062010_19380968.jpg
b0062010_19381842.jpg

プレマシーに約8年乗りましたので、8年ぶりにスバルユーザーへ復帰です。



フォレスターは来年(2018)上期には、フルモデルチェンジして、VIZIVベースの外観にSGPを採用し、おそらくアイサイトもVer.4になるだろうということが予想される中、敢えてSJフォレスターに乗ることにしました。



参考:VIZIV(次期フォレスターと言われているコンセプトカー)
b0062010_19353980.jpg

VIZIVベースもかなりかっちょいいのですが、なぜSJを選んだかというと・・・


①外観 VIZIVはシュッとしすぎていて、ヴェゼルやCH-Rなどの都会派SUVって感じ。SJのほうがゴツゴツした印象で「どこでも走りまっせ!」的なSUV感がデカイ。


②全幅 先にフルチェンしてSGPを採用したインプレッサやXVの全幅は1800となっていて、おそらく次期フォレスターも1800オーバーになるだろうと予想でき、幅が大きすぎ。実家の駐車場へ入る道が細いので、少しでも幅は小さいほうが良い(といってもSJも1795mmあるが)。


③後席の外側ドアノブが高い位置だと、チビ姫の手が届かない。実際、ヴェゼルは届きませんでした。




こういったところかな。




マイナス点も当然あるが、承知(妥協?)した上で決断しました。

①電動パーキングブレーキではないこと。

②小物入れがほとんどないこと。

③来年、フルモデルチェンジすること。

このくらいかな。



安全装備は、アイサイトVer.3
危険を予測し衝突を避ける「プリクラッシュブレーキ」
車間距離を制御し渋滞を快適にする「全車速追従機能付クルーズコントロール」
ステアリング操作をアシストし安全運転を支援する「アクティブレーンキープ」
誤操作による急な飛び出しを防ぐ「AT誤発進抑制制御」&「AT誤後進抑制制御」
安全運転をサポートする「警報&お知らせ機能」

さらにMOPにてアドバンスドセーフティパッケージを付けており、後側方車両の検知、アダプティブドライビングビーム(ロービームとハイビームをウネウネと自動で切替える)がある。



あとの装備はAMAZON等でブツを仕入れて取り付けました。
ナビ カロッツェリア AVIC-RZ300
バックカメラ カロッツェリア ND-BC8-2
ETC車載器 パナソニック CY-ET925KD
アイサイト対応ドライブレコーダー(純正)
リアバンパーステンレス ステップガードプレート
サイドドアアンダーモール
リアリフレクターガーニッシュ



早速、ルームランプ全てと、ナンバー灯、カーテシはLEDに取り換えました。



次は暇を見て、フットライトをつけようと思います。
もうすでに、ブツは仕入れてますので。

















 .


[PR]
by classixism | 2017-06-01 19:41 | Trackback | Comments(3)