我が道を行くダイバー

水中雑技を極める・・・という、へっぽこダイビングスタイル
<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ホリラン ♪
残暑も終わって涼しくなってきたので、Run&Walkを再開しました。


再開といっても、もともと休みの日のさらに歩けるときしかやっていないので、ぜんぜん不定期ですけど。


なので、Run&Walkというかっちょいいネーミングは止めて、

ホリデーランニング・・・

簡単に「ホリラン」と呼ぶことにします。



9月17日

歩数 12130歩
距離 9.09km
消費カロリー 380kcal
脂肪燃焼量 25.3g



9月22日

歩数 9657歩
距離 7.24km
消費カロリー 457kcal
脂肪燃焼量 33.3g


ちなみに、距離が出ていますけど、このうちジョギングは3分の1で、3分の2はウォーキングです。




来年3月に開催される錦帯橋ロードレース大会 5kmの部に出場することが、今の目標です。
[PR]
by classixism | 2012-09-22 21:39 | 身体・病院 | Trackback | Comments(0)
時期が時期だけに
先週の3連休、台風やらなんやらであまり家から出られなかったので、久しぶりにマンガを読み返してみようと思い立ってしまいました。


で、読み返そうと思ったのは、コレ。



マリナーからサブマリナーへ : 我が道を行くダイバー



この時のブログの日付を見ると、2009年9月。


ちょうど、3年前か。



3年たつと、内容なんか結構忘れているもので、今回も新鮮にハマリ込んでしまいました。


土曜日からずっと読んでいるけど、今日現在でやっと9巻。



コレを読むと、つくづく思うことがある。





アメリカって恐ろしい国だな・・・って。



そりゃ、マンガの世界ってわかってますけどね。




でも、このマンガの中に描かれている、アメリカ大統領や側近たち、そして海兵隊などの軍隊が、どうしても今の私の街の現状とオーバーラップしてしまうんすよ。




地元住民の意向に関係なく、

ついに明日、

我が街で、

オスプレイの飛行訓練が始まってしまいます。





なんか、シュールな終わり方やな~。
[PR]
by classixism | 2012-09-20 21:26 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)
台風一過の日
9月17日 敬老の日。

もともと、山口県萩市須佐*スサリゾートダイビングサービスにてファンダイビングをする予定だったけど、台風16号がモロに通過するということで、ダイビングは断念!


天気はというと、風は強いけど雨はパラパラ程度だったので、広島市植物公園に行ってみることにしました。


ゆっくりと家をでて、昼食をとった後、現地に到着。


さすがに駐車場には車が数台しか停まっていませんでした。


大温室とか展望台とかゆっくり歩いて回ってみてもすれ違うお客さんも数名程度。


そんな閑散とした公園内をチビ姫は元気に走り回っていました。


最後に遊具のある芝生広場みたいなところで、ちょっと遊んでみました。
b0062010_16565278.jpg





植物にはあまり興味を持たないチビ姫でした。
[PR]
by classixism | 2012-09-19 06:31 | チビ姫 | Trackback | Comments(0)
20120908-09 ファンダイビング
2012/09/08-09 ビーチダイビング

9/8(土)と9/9(日)に山口県萩市須佐*スサリゾートダイビングサービスにてファンダイビング。


まずは、9/8(土)

天候は、くもり。
気温33度。


1本目 ながいそビーチ

稲村しぇんしぇいはOW講習、六海は体験ダイビングとお店は忙しく回っていて、うれしい限りです。

ということで、たまさんと2人で、セルフダイビング。

今回は、駆け下りの下の方を探す旅ということで、水深12~15mくらいをずっと這い回ります。


2本目 深まてかたビーチ

2本目からは六海も参戦し、深まてかたへ。

ここでは、沖の根を目指してグングン進みますが、途中、六海のバブルリング攻撃で何度か溺れました(^^;

このバブルリング、島根県浜田市の水族館アクアスにシロイルカがいてそのバブルリングに匹敵する攻撃力で、見事なものです。

沖の根では、今年初のクロユリハゼを見つけたり、大きなイシダイを見たり。



翌日は、天候:雨。

Tオヤジたちと。

1本目 ながいそ たけのこ岩コース

行きはよいよい、帰りは超しんどい。



2本目 深まてかたビーチ

砂地で六海がガイドもせずにバブルリングして遊んでいると、グジュッと踏まれたシマウシノシタがベロンベロンと泳いでいきました。

沖の根まで行き、昨日のクロユリハゼを探すと、今日はなんと2匹。

オイラもバブルリングの練習をしながら、エキジット。



そんなこんなの2日間の写真です。


大きく育ったアオヤガラ
b0062010_15231817.jpg


美味しそうなキジハタ
b0062010_15232885.jpg


迫ってくるミノカサゴ
b0062010_15233696.jpg


7月末には全くいなかったソラスズメダイもいっぱい
b0062010_15234519.jpg


1匹だけ色の濃いヤツはナガサキスズメダイ
b0062010_15235473.jpg


白いイソギンチャクにくっついているイソギンチャクモエビ
b0062010_1524692.jpg

b0062010_1524166.jpg


今年初めて出ました、クロユリハゼ
スズメダイの群れにまざって、ヒレ全開でホバリングしてました
b0062010_15242572.jpg

b0062010_15243382.jpg


大きてちょっとこわいイシダイ
b0062010_15244219.jpg


たけのこ岩から水面を見ると、スズメダイのシルエットが
b0062010_15245028.jpg


ギンポがサザエの殻からコンニチワ
b0062010_1525291.jpg


本当は、サザエの中に卵を産み付けていて、それを守っているのです
b0062010_1525957.jpg


砂地には大きなシマウシノシタがベロンベロンと
b0062010_15251831.jpg






こんなに潜って、こんなに水中写真を撮っていた9日、水中写真の第1人者であり、以前、オイラが愛読していた日本初のダイビング専門月刊誌「マリンダイビング」を創刊した、水中造形センターの舘石昭(たていしあきら)さんが死去されました。

ご冥福をお祈りします。

水中写真家 舘石昭とは | マリンフォトライブラリー | 株式会社水中造形センター

舘石昭氏が死去 水中写真家  :日本経済新聞

訃報:舘石昭さん82歳=水中写真家- 毎日jp(毎日新聞)
[PR]
by classixism | 2012-09-11 06:21 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)
神話の国へ  2日目
今日のお仕事は午前で終了。


正午にはフリーの身となったので、急いで出雲大社へ。

今年は 【神話博しまね】よみがえる はじまりの物語 というのをやっていて、賑わっているみたい。

神話博の無料駐車場に車を停めて、神話博は後回しで、歩いて大社へ向かいます。
b0062010_2245295.jpg

b0062010_22452894.jpg


御仮殿にて参拝。
b0062010_2246566.jpg


ホントはこちらが本殿。
b0062010_2246318.jpg

b0062010_22464016.jpg


神楽殿にも参拝。
b0062010_22484023.jpg

b0062010_22485010.jpg



で、お約束の出雲そばは3色割子。
すでに食べかけですけど・・・。
b0062010_22491917.jpg


時間の関係で、神話博は神話映像館のみ。

なかなか面白かったですよ。

神話映像館を出ると、ちょうど神楽もやっていました。
b0062010_22524161.jpg


ただ、なんせ時間がないもので、ゆっくりと見る余裕もなく、急いで駐車場へ帰ります。


そして、ナビで帰り道を検索すると、大田市を通って、瑞穂ICから浜田道に乗れとの案内が。

三次に帰ったほうが慣れた道なんだけどなぁ・・・と思いつつ、まぁナビが指示してくれるから、案内どおりに帰ってみようと、車を走らせます。


出雲市から大田市までは海沿いの道、大田市からは山のほうへ入っていきます。




すると看板に、「石見銀山」の文字が。

世界遺産である石見銀山ですが、オイラはまだ行ったことがありません。

これは、たまたまのラッキーですが、すぐそばを通るのなら、ちょっと立ち寄ってみましょうと。

これまた下調べ無しで行ったものですから、どこにいけば何があるのか?

とりあえず、石見銀山世界遺産センター(島根県大田市大森町)に到着し、ガイドのお姉さんから詳しい説明を受けました。

そして実際に現地に行くには、結構時間がかかることがわかったので、今日は諦めて、この資料館の中だけ視察ということにしました。
b0062010_2351953.jpg

さささっと10分くらいで見て、またまた帰路を急ぎます。



途中、野生のサルの親子に遭遇。
チビッコ猿はお母さんにおんぶされていました。



16時頃、ようやく瑞穂ICに到着し、高速を一路、会社へ。

会社についたのは18時頃。




昨日、今日と結構な距離を走りました。

今回の車は、エスティマ HIBRID。

それも新車。


1人出張なのに、なんてゴージャス!


しかし、この車、ハイブリッドのクセして、平均燃費11.3km/lだって。


ぜんぜんエコじゃありませんよ!!!
[PR]
by classixism | 2012-09-07 23:07 | 食・旅・温泉・山 | Trackback | Comments(0)
神話の国へ  1日目
突然の出張で出雲市へ行くことになりました。


山陰は交通の便が悪いので、今回は車で行くことに。


午後1時からお仕事なので、それに間に合うように計画を立てます。


mapfanでルート検索してみると、4時間半くらいかかるということなので、昼食の時間と不測の事態に備えて、朝7時前に家を出発しました。


直近のインターチェンジから高速道に乗り、三次ICからは一般国道54号をひたすら北上します。


計画の予定時間より、早めに移動ができているので、ここでちょっと寄り道。





須佐之男命 御魂鎮めの御社 - 須佐神社。
いわずと知れた国内有数のパワースポット。


b0062010_839157.jpg



オイラは3回目の参拝かな。

2006年 1回目の記録。

2007年 2回目の記録。

参拝した後、ぐるっと1周。
b0062010_8395717.jpg


神社裏にある大杉にもご挨拶。
b0062010_8401199.jpg




それから、須佐神社の近くにある「八雲風穴」にも行ってみた。

こちらは、今回初めて。

下調べも何もしていないので、何の先入観も持たないまま、車で看板の方向へ進んでいきます。



誰もいない道をどんどん進むと駐車場の看板があり、車を止めて少し歩いていくと、小さなお茶屋があり、その近くにおじさんが立っていて、そこに「入場料200円」と書いてある。



ビックリ!



てっきり、山肌に穴が開いていてそこから涼しい風が出てきているようなものを想像していたので、入場料200円に驚きを隠せませんでしたが、おじさんとオイラ、2人しかいない空間で方向転換をして帰るわけにもいかず、ここまで来たんだから入場料を払って、小さな扉を開けて中に入りました。
b0062010_8403898.jpg



中に入ったとたん、ひんやり涼しい。


下に向かって階段があるので、降りてみた。


下に行くにしたがって、さらに涼しく、寒いほど。


室温は、こんな感じ。
b0062010_8405376.jpg

年中通して、この室温なんだそうな。


しかし、ここで、行き止まりみたい。



次はどこへ向かうのか、入り口方面へ向かったところで、先ほどのおじさんが入ってきて、


「これだけよ。ただ涼しいだけ」と。


建物の裏手にも、水のない岩石のプールみたいなのがあって、階段状に3段くらい降りれるようになっているものがあり、ここも1段(30cmくらい)降りるごとに、冷気を肌で感じることができ、不思議だ感覚だった。




そんなこんなで、須佐神社と八雲風穴を後にして、出雲市街へお仕事で向かうのであった。
[PR]
by classixism | 2012-09-07 06:37 | 食・旅・温泉・山 | Trackback | Comments(0)
プレマシーの小さな故障
8月中旬から、プレマシー号に不具合が発生しました。




それは・・・




運転席側の電動格納式のドアミラーが動かなくなった!



運転や走行には何ら支障はないのだが、オイラは駐車する際には必ずミラーを格納していたので、そのあたりがちょっと不便。




で、8月末に、マツダのDラーに行ってみたところ、


D:「おそらくミラーの中の歯車が磨耗して、噛まなくなっていると思います。」


オイラ:「・・・で?」


D:「修理には3万円くらいかかります」


オイラ:「・・・えっ???」


オイラ「歯車かえるだけで、3万円???」


D:「この車は、ミラーごと交換になるんです」


オイラ:「えええっ??? マジで!?」


D:「修理、どうします?」


オイラ:「じゃ、放置の方向で・・・。」




ということで、今現在、ウチのプレマシー号の運転席側ミラーは、完全手動格納となっています。





トホホ・・・
[PR]
by classixism | 2012-09-04 20:46 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)
太陽光発電を設置して3週間
我が家の太陽光発電。

8月8日に設置工事を行い、初月の月末を迎えたので、まとめてみます。

初月といっても、まぁ約3週間ですな。


Panasonicの太陽光発電モニターにはSDカードスロットがあり、積算をCSVファイルで出力してくれるので、それで8月分を算出してみました。

なので、数値はすべて、おおよそということになります。

また、中国電力の検針はタイミングが違うので、この数値はあくまで個人的な集計です。





2012年8月分(8/9~8/31)

パネル 5.82kw (Panasonic HIT233 x 25枚)
パワコン 5.5kw


発電量 585.2 kw
売電量 518.3 kw
買電量 174 kw
消費量 241.5 kw
電圧抑制 65分

売電額 ¥21,799-
買電額  ¥3,366-


電圧抑制は、CSVファイルの中には出ないので、毎日パワコンのチェックをして数値を記録しておいたものです。

約3週間で抑制65分ってどうなんでしょ?





この積算結果すべてにおいて、GOODなのか、BADなのかは、わかりません。



とりあえず、これを基準にして、毎月積算していこうと思います。
[PR]
by classixism | 2012-09-01 21:44 | | Trackback | Comments(0)


by classixism
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
My Bookmark
最新のコメント
最新のトラックバック
【最安値】CanoSca..
from 最安値.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧