幸運の前兆チェリー!?

この間、公園でクローバーを眺めていたら・・・ 見つけたっ!056.gif

b0062010_11492462.jpg


これまでの人生の中で初めて自分で見つけた、4つ葉のクローバー。

立て続けに3つも見つけたよ。

なんで今まで何十年間も見つけられなかったんだろう。

なんかラッキーなことが起こる前兆かな!?




前兆といえば・・・
アラジンチャンスに入る前に単チェリーが出て、脳汁を ジュルリッ と放出していたことを思い出します(爆)。
[PR]

by classixism | 2009-07-29 11:51 | 日々徒然 | Trackback | Comments(4)

須佐漁港の海中清掃

7月18日(土)に山口県萩市須佐にて須佐漁港の海の中の清掃に参加してきました。

これは毎年、須佐漁協への協力ということで行われています。

前日まで雨でしたが、この日は快晴。

午前10時前にスサリゾートダイビングサービスをボートにて出港。5分ほどで須佐漁港に到着。

防波堤のテトラポットや捨石まわりに沈んでいるゴミや大陸から流れ着いたゴミ、絡みついたロープなどを回収します。

年々、ゴミの量は少なくなってきていて、作業をしながら、ダイバーでないと出来ない作業だし地域の役に立っているなぁ・・・と実感が湧きます。

午後からは漁協の方々とBBQ。
この後に2本目の潜水(ファンダイビング)を予定しているので、アルコール類は控えます。

午後4時前、ビーチポイント「長磯 東回り」を潜りました。
b0062010_10465741.jpg
          コロダイの幼魚

水温は24~25度で快適ダイビング。
b0062010_10471519.jpg
          ミノカサゴ

やっぱ、海の中は気持ちいいなぁ~。
b0062010_10472675.jpg
          オオスジイシモチ

夜は、当日から夏休み開始ということで民宿が満員だったので、なぜか民家に宿泊。

なぜに民家!?
[PR]

by classixism | 2009-07-23 10:49 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

皆既日食・・・というか部分日食

今日は、皆既日食の日で、午前11時前後、みんな空を見ていた。

そんな私も市役所に仕事で行き、11時過ぎに屋上に上がってみたら、同じ目的の人が集まっていた。

私は太陽を見る道具を何も持っていなかったんだけど、集まっていたおばちゃんが

「これ貸してあげる」

と文房具屋で売っているようなグラサン的な道具を貸してくれた。

おおぉ~よく見えるやん!

これは太陽が赤く見える。

さらに市役所の職員さんからも

「これ貸してあげるから、後から見に来た人に順に回してあげて」

と手作り風な道具を貸してくれた。

おおぉ~これもよく見えるやん!

これは太陽が白く見える。

2つの道具を使って、ケータイで写真を撮ろうとやってみたけど、うまく撮れない。

おばちゃん道具のほうでやっと撮れたのがコレ↓↓↓
b0062010_14375426.jpg





ほとんど月にしか見えん!?・・・コレ。
[PR]

by classixism | 2009-07-22 14:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

岡山日帰り

7月11日夜、大学時代の友達からメールが来た。

岡山市に住んでいる同級生が“心臓疾患で入院していて危ない”という。

寝耳に水の話だ。

で、急遽、12日に岡山の病院に行くことにした。

早島ICを出たあたりで、再びメール。
“今は集中治療室(ICU)に入っていて面会できない”

ココまで来て引き返すわけにもいかないので、とりあえず入院している病院まで行ってみた。
病院について、奥さんに電話してみたところ、なんとか会えるらしいので、病室に入ってみる。


又聞きの情報だけだったので、すごく心配していたが、本人はいたって元気だったので、安心した。


話を聞いてみると、5月27日の夜中に心臓が痙攣して止まっていたらしい。
隣で寝ていた奥さんがいつもと違うイビキを不審に思い、顔を見てみると呼吸をしていなくて、みるみる顔色が紫色になっていったという。

そこで救急車を呼び、救急隊到着まで奥さんが心臓マッサージを施し、救急車の中でAED処置をし、一命をとりとめ、幸い障害も残らなかったらしい。

病院に運ばれると、“ブルガダ症候群”と診察され、すぐさま岡山大学付属病院へ搬送。体内埋め込み型除細動器(ICD)を左胸に埋め込み、3週間ほどで退院した。

このICDというのが、小型のAEDみたいなもので、心臓が止まったらICDが作動して、電気ショックを起こし、心臓を動かさせるということだった。
心臓が止まらなかったら一生作動することも無いと言われていたらしい。


・・・が、7月10日の夜になんと3回も作動してしまった。
3回作動ということは、3回心臓が止まったということだ。


それで翌日朝、病院に呼ばれて即入院、ICUにて経過観察となったということだった。

この“ブルガダ症候群”という病気、私は聞いたことが無かったけれども、少し前までは“突然死”や“ポックリ病”と呼ばれていたもので、夜中の安静にしているときに心臓が突然止まってしまうものらしい。

友達がこんな重い病気にかかってしまってすごくショックだが、一命を取り留めたことは奥さんの迅速な判断と幸運が重なったのだろう。

最後に「絶対に死ぬなよ、家族のためにもまだまだ生きなあかんで!」と固い握手をして病室を出た。


同年代がアラフォー、ジャスフォーになってきて、前厄とかそのあたりなので、自分も気をつけなければ・・・。
[PR]

by classixism | 2009-07-13 15:12 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

田舎のお食事処

先日、錦町に仕事で行ったときの話。

お昼に仕事が終わって、さぁ飯でも食いますか!となって、道の駅に行ってみました。



「 本日休業 」



道の駅にも休みがあったんですねぇ~、知らんかった。


そこで町中(といっても何も無いけど・・・)へ戻り、錦川清流線の発着駅である錦町駅へ。

駅のすぐ目の前に「お食事処」という暖簾があったので総勢5名で入ってみると、6席ほどの昔ながらの定食屋のような風情。

おばあちゃんが一人でやっているようです。

壁には「焼肉定食」とか「とんかつ定食」とか「鮎の塩焼き」とか書いてあります。

でも注文する前におばあちゃんから、「こんなに人が来るとは思わんかったよ。ごはんがないんよ~」なんつってたった5名の客に対して先制パンチを食らわせます。

この時点で定食系は玉砕ということやん。あとは「中華そば」「うどん」「やきそば」くらいか・・・。

「じゃあ中華そばを5つ」と注文し、しばし待ちます。

・・・・・

おばあちゃん、鍋に水を入れて沸かし始めます。


・・・そっからかい!


おばあちゃん、ゆっくり作りながら色々と昔話を聞かせてくれます。
「昔、まだ国鉄だったころはね~、この食堂にも50~60人くらいお客さんがきてたんよ~。そりゃもう大忙しで。それが最近はね~、ぜんぜんお客さんが来んけぇ・・・。」

・・・おばあちゃん、話はいいから早く作ってよ。

「お客さんたちは、東京から?」

・・・だれもそんなことは一言も言ってないし。 めちゃめちゃ地元弁やし。


こりゃあ時間がかかりそうなので、「鮎の塩焼きある?」と聞いてみると

「あっ、今日はもうないんよ~」

・・・もともと無いような気がする


予想通りたかだか中華そばごときで30分以上じっくり待たされてやっと出てきました、中華そば。大方の予想通り、チャーシューなんつーものもありません。豚肉を茹でたものがチャーシュー代わりです。

小さいどんぶりなので、ずずず~っと食べて、猫舌の私でも食事時間は約5分です。



あ~田舎っていいな~(#゚Д゚)って思った一日でした。
[PR]

by classixism | 2009-07-07 15:06 | 食・旅・温泉・山 | Trackback | Comments(0)