<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新兵器 その2

前回の水中ライトにつづき・・・

デジカメ&ハウジングです。

なんでデジカメを買い換えるかというと・・・

まず、理由1
うちのお袋さんが「デジカメっちゅーもんが欲しいねぇ」とボソッと言ってたので、
「じゃぁ、オレの使ってるのあげるわ」みたいな。

理由2
今までのデジカメはコニカミノルタ Dimage X60という500万画素の機種だったのです。
起動は早いし小さいしであまり文句は無かったけども、どうも画質がのっぺりとしていて
私好みではないんだな。

理由3
ここまでの経緯で、いろいろとコンデジ市場を調べていたら、やっぱり欲しくなっちゃったんだな。


ここで、なぜデジ一ではないのかという理由は、「大きいのは邪魔」なので興味なし。


で、今回迷った機種は、FujiのFinepix F100fd か Panasonic FX35の2機種。

今回はオリンパス SP-560UZも候補に入れたかったのですけども、さすがに
 xDピクチャーカードは無いわなっ!
ちゅーことで即、却下。


候補の2機種は、各種掲示板とかでユーザーの声を見てみてもやはり対抗馬らしいし、
最終的には、
「蝦」vs「鮎」     みたいな・・・
好みの問題みたいなので、ハニカム画質の好きな私はFinepix F100fdを購入。と同時にハウジング(WP-FXF100)も購入。

カメラはまだ触っていないので、何とも言えませんが、ハウジングはすごい。

なにがすごいって、ライトに引き続き、これまったOリングが二重になっているではあ~りませんか。

これでデジカメまで水没率従来当社比2分の1

これでこそ、ザ・バージョンアッッッッッッップ!
[PR]
by classixism | 2008-09-13 23:43 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

新兵器 その1

久しぶりにダイビングのお話です。

今まで、ダイビングの際に持ってはいるデジカメはコニカミノルタ(今はデジカメから撤退しましたが)のDimage X60でした。

で、このデジカメ、オートフォーカスが甘く、ちょっと暗かったらもうピントが合いません。なので、なるべく水中ライト(東芝製のちっちゃいヤツ)を携行していました。

このライトがあんまり明るくないのです。さらに今年の6月に潜った時に、なんと水没。
まぁ、これまでOリングのメンテとかしていなかったので、しょうがないっちゃーしょうがない。
一応、自然乾燥を施して、復活はしているものの、もっと明るいヤツが欲しいな~とは思っていました。

そこで、次の候補は、やっぱ電球よりLEDのほうがいいっしょ!
電池もちょっとはもってくれよ!
デジカメのターゲットライト兼フラッシュ代わりになるくらい明るいヤツ!
ご予算5000円以内でちっちゃいヤツ!

という勝手な希望のもと、探しました。
そして、見つかりましたよ~。

といっても簡単に見つかった訳では有りません。
なんせ、「明るい」という基準が実際海に持って入らないと分からないし。

まずLEDというのは最近、結構あるんです。
LEDだと電池も結構もつんです。しかし・・・自分の言っていることが矛盾していますが、同じ単三電池4本使用のヤツだと、電池のもちが悪いほど明るいはず。
5000円以内もエポックや海外製などポチポチあるんです。
でも、「明るい」という基準が、「超高輝度」とか「スーパーLED」とか書いてあってもどのくらいなのかさっぱり分かりません。中には「○○ルクス」とか「○○ルーメン」とか明るさの単位が書いてあるものもあったのですが、それがどの程度なのか・・・やっぱりわかりません。

そんな状況の中、いろいろと自分なりに比較していった結果、これにしよう!と決めたヤツがこちらです。
b0062010_11264193.jpg

早速、陸上でスイッチON!してみると、メチャクチャ明るい。50m先の道路標識もビンビンに照らします。ただLEDなので直線的な光軸で照射ポイントは狭い。

防水60mということで、中身を確認するとなんと、Oリングが二重になっています。
これまた安心。水没の危険性が当社比2分の1。
b0062010_11265937.jpg

仕様
●パワーチップ型LED搭載
●マグネットスイッチ
●明るさ83ルーメン(最大出力2.38W)
●連続点灯約6時間
●60m防水仕様
●電源 単3アルカリ電池X4

これは私が求めていたデジカメ用ライトとしては必要充分のような気がします。

次回の須佐リゾート メンバーズDayでシェイクダウン予定です。
[PR]
by classixism | 2008-09-11 11:29 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)