<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏休みも終わりだね~

今日は、久しぶりに何の予定も無い休みだったので、「スバルお客様感謝デー」でも行こうかなと思っていましたが、なんだか面倒臭くなり、家でゴロゴロしていました。

で、チビ姫も暇そうにしていたので、10時ころに散歩にでも行くか!!ということで近所の公園までチビ姫とお散歩です。

家の中では歩き回り、走り回るのですが、靴を履いて外へ出るとあんまり歩きたがらなかったのですけど、またまた成長の証か!? 今日は自分からどんどん歩いていきました。
b0062010_2057680.jpg

公園の中でも父ちゃんの手を離し、一人で歩き回って楽しんでいます。
父ちゃんながらわが子の成長にびっくりです。
b0062010_20584224.jpg

ひとしきり遊んで疲れてくると、「抱っこして~~~」みたいな感じで、父ちゃんの足にすがり付いてくるので、適当な時間で家に帰ります。

なんか、午前中のこのお散歩がチビ姫にも奥様にも好評だったみたいなので、気を良くして夕方にも同じルートでお散歩してきました。

これで今晩のチビ姫はグッスリ眠れることでしょう。
[PR]
by classixism | 2008-08-31 21:00 | チビ姫 | Trackback | Comments(2)

あなたと過ごした時間は、私にとって宝物になりました

8月17日 午前3時

かけがえのない仲間が静かに旅立っていきました。



須佐の海をこよなく愛し・・・

いつも穏やかで・・・

いつもやさしくて・・・

いつも周りに気を遣ってくれて・・・

いつも私たちを和ませてくれた・・・



そんなあなたが大好きでした。

みんな、あなたのことが大好きでした。



決して忘れることはない。忘れるはずがない。

ふとした瞬間にあなたの笑顔がまぶたに映り、また涙があふれます。

私はちゃんと見送ってあげることができたのでしょうか・・・。



今はまだ、あなたの大好きだった海へ行くのはちょっと辛いけど、
みんな思っているはず。

海へ行けば、またあなたのやさしさを感じることができるかも、と。



だからかな。 あの日、みんなの別れの挨拶は

「じゃ、海で。」
[PR]
by classixism | 2008-08-20 22:19 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

ひびき外洋ヨットレース大会出場

ダイビングのお話ではないのですけど、海のお話を・・・。

7月19日の朝、ちょうど須佐湾の海中清掃に向かっている途中、大学時代のお友達のまこP君から何年ぶりかに携帯電話に連絡がありました。

「今度、山口県下関の室津というところでヨットレースの大会があるんだけど、連れて行ってくれんかの~。宇和島の艇が出場するんで、それに乗せてもらうんじゃ。お前も乗りたかったら頼んじゃるで」

「乗る!」

この時、二つ返事で乗ることになりました。

が!? ヨットレースって何?

まったくの初心者である私には、よくわからんが・・・なんだか楽しそう♪というイメージしか湧きませんでた。

そして8月2日の夜にまこP君がこちらに到着。いろいろ話を聞くと、ヨットは沈することは無いけど、落水したら死ぬこともあるとか、いろいろな器具(装置)の呼び名などを教えてもらいました。

しかし、さっぱり理解できぬ。むむ~なんかヤバイ雰囲気が徐々に・・・。

8月3日午前3:45に待ち合わせして、高速道路へ~小月IC~川棚~フィッシャリーナむろつへ朝6:30到着。
b0062010_21395159.jpg

おおお~なんかでっかいヨットがいっぱいあるー!

「ひびき外洋ヨットレース大会」という大会で、県内はもちろん、九州などからも出場する艇が集まってきています。
b0062010_21401561.jpg

そして今回クルーとして乗船させていただく宇和島の艇「White Hawk」の方々にご挨拶。今回のクルーは私を含め、全部で5名。

みなさんヨットを所有している方とか、ヨットでの回航経験のある方々なので、すごく恐縮しながら「お邪魔にならないようがんばります・・・」と。

当日の天気は、朝は晴れていたけども、徐々に風が強くなり、かなりな波高、うねり・・・。さすが日本海・・・というか響灘。

フィッシャリーナむろつの沖がスタート地点、蓋井島をぐるっと回って帰ってきたところでゴールとなります。

8:30スタートで、約20艇くらいのヨットがひしめきあっており、スタート前のポジション取りの段階でもうしっちゃかめっちゃかです。
b0062010_2140349.jpg

          (↑上の写真は「うわじまパールカップ2008」の写真です)

普通の人ならすでにこの時点で船酔いしてグロッキーだろうけど、ダイバーである私は日本海・太平洋・東シナ海の荒波を経験してきているので、船酔いなんかははまったくしません。

そしてスタートしてからも波高2m以上の波&うねり&艇の傾きで落ち着く暇もありません。

クルーの皆さんは帆を交換したり色んな指示(タックする!とかジャイブする!とかジグを○×△みないな・・・)が出たりとなんやかんや大忙しですが、私には専門用語がさっぱり分からず、ただただ風上に身体を移動させて艇の傾きを押さえることに注力するのみです。

それでも傾きが尋常で無いので右舷から左舷、左舷から右舷への移動も結構、命懸けです。

途中、海の上を飛ぶトビウオやサメを見ましたが、こちとらそれどころではありませんでした。

デジカメも持ってはいったもののレース中は撮れるような余裕はなく、レース途中の写真はありません。

約3時間前後のレースも無事にゴールしてやっと終わり、他の艇の方々と反省会&交流会をしながら、14時の表彰式を待ちます。

結果は、私の乗ったWhite Hawk号は6位。クルーの皆様にお礼を告げ帰途に着きました。

帰りに川棚温泉でもよろうかと思っていましたがそんな時間もなく身体中、塩塩のまま帰りました。
[PR]
by classixism | 2008-08-04 17:08 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

水中雑技を極める・・・という、へっぽこダイビングスタイル


by classixism
プロフィールを見る
画像一覧