さよならジェベル そしてありがとう・・・

昨日、2月12日は、ハッピィバ~スディトゥーミー♪でした。
年齢はナイショですけど、人生ではじめて見た映画は「宇宙戦艦ヤマト」と「復活の日」の2本立てでした。今思えば、なんちゅ~組み合わせやねん。

そして12日の天候は夕方から雪、ゆき、ユキ・・・。

そんな極寒の中、我がDjebel125が旅立っていきました。
b0062010_054254.jpg

暑い日も寒い日も台風の中も大雨の中も4年間、通勤快足として頑張ってくれました。

また、夏にはライダー侍として毎年恒例の須佐にロンリーツーリングに出かけたりしていました。

あんまり洗ってやったことはありませんでした。

半年に1回はオイル交換とチェーンの調整をしてました。

立ちコケは4年間で2回ありました。

信号待ちでニュートラルに入れてるときに時々ガスッと勝手にローにシフトチェンジしやがるお茶目なヤツでした。

走行距離は17,500kmでした。

この間、バイク屋さんに行ったときに遂に大修理の指導がありました。

前後タイヤともひび割れ劣化・山無し、チェーン伸びきってる、スプロケもガタガタ、バッテリーもヨワヨワ・・・小計5万円オーバーくらい・・・!?

ここでこんな大金をはたいていつまで乗れるものやら。

雨の日・寒い日の通勤もしんどくなってきたし・・・ということで、かなり愛着はありますが Djebel号を手放す決意をしたのです。

ということで「バイクを売るならGO~バ○ク王♪」にアクセス!
Djebel125の査定は最高11万円からの減額査定らしい。

まぁ、かなりキレイに乗っているし、ヘビーな林道には結局入らなかったし、タイヤとチェーンはボロボロでも3~4万円くらいにはなるんではないか?との憶測を潜めていざ査定へ。

夜8時前にバ○ク王さんがきて(この時点で、昔のトレンディドラマなみにかなりの大雪)とりあえず明るいところを探して近所のコンビニの街灯の下へ。

どうやらおしゃべり好きな査定員さんみたいでいろいろしゃべってきます。これはまぁフレンドリーになれてプラスポイントかなと初めは思っていましたが、なんせ寒い!ちょっとでも時間短縮してくれんもんじゃろかと思いつつも結構マニュアル通りにやってくれます。

査定している間にも、シートにみるみる雪が積もります。

さらに査定額もオイラの予想を大幅に上回る(下回る?)

10000円!

んっ? 1万円? 安っ!

おいおい、めっちゃキレイに乗ってるのに1万円とはどういうこっちゃ。

それならやっぱり乗りつぶそうかという気持ちが一瞬よぎりましたが、もう正直しんどい。

それからいろいろご相談の結果、1.5万円にしてもらったけど、すごく愛着があったバイクだけになんか忍びねぇな~。

つーことで、2月はじめからバス通勤しています。

人生初の定期です。

定期といっても最近のモノはかなり進化した電子的なハイテク定期やろ・・・と思っていましたが、さすが市営バス、やってくれます。

名前は手書き、期限はハンコ、それをラミネートで圧着。

そんな古臭い定期なのかよっ! 簡単に偽造できるやん。 まぁいいや。

バイク通勤のときは朝8時15分までに出発すれば間に合ってたけども、バスは時間的なことで7時45分までに出発しないといけないので、毎朝、ちょっぴり辛いっす。
[PR]

by classixism | 2008-02-14 00:13 | 車・バイク | Trackback | Comments(2)

カキ・牡蛎・牡蠣 ?

 先日、大竹市に住んでいる会社の先輩から生牡蛎を頂きました。毎年頂いているんですけど、毎回毎回、調理法に苦しんでいました。

 今までは、お好み焼きのヘラを用いて無理矢理殻を開けるというメチャメチャ時間の掛かる方法をとっていましたが、今回は簡単な方法を2つ習いました。

1.牡蛎の丸い側を下にして並べて、ラップを二重にかけ、ところどころに穴を開けてレンジでチンする。

2.中華鍋に牡蛎を並べ、少し水を入れて蓋をして蒸す。

この2つのうち、今回は2番目の蒸し焼きにする方法をやってみました。
↓こんな感じ。
b0062010_2115068.jpg

そうすると身もふっくらとして美味しく頂くことが出来ました。
ってゆーか、激ウマ♪
奥様と二人で一気に完食いたしました。
はぁ~カキ好きで良かった。

次回からもこれでいこう!
[PR]

by classixism | 2008-02-11 21:07 | 食・旅・温泉・山 | Trackback | Comments(2)