釣りに目覚めようとしている その2

前回のつづき・・・。


昔、釣りにハマッていたときは、

「釣り」

だったが、今の世の中はどうやら

「Fishing」

になっているらしい。

なんでかというと、いろんな言葉が変なカタカナになっているじゃあ~りませんか。

ということで、違和感あるな~と思ったFishing用語を私なりに解説してみます。

「アングラー」・・・なんで釣りする人がアングラーなんだろう。どうもインターネット社会で生きている私にはアングラ(UnderGround)という妖しい響きにとってしまう癖があります。
なので、私は自分のことをアングラーとは言わずに「釣り師」もしくは「釣りスラー」と呼ぶことにします。釣りラーではありません(#゚Д゚)!

「シーバス」・・・セイゴ=フッコ=スズキという出世魚のこと。スズキじゃあダメなのか? 確かに鈴木さんよりかシーバスと呼んだ方がかっちょよいのはわかるけども。

「ベイト」・・・餌となる小魚の事。小魚でいいじゃん?

「フィッシュイーター」・・・小魚を餌として食べる魚のこと。食物連鎖の頂点に立つ我々人間もフィッシュイーターだよね。
そういえば全く関係ないけど、中学生のときに好きだったダリル・ホール&ジョン・オーツの曲に「マンイーター」という曲があったが、その当時、意味は理解していなかったけども今考えると恐ろしい曲だな~と、ふと。

「ロッド」・・・竿のこと。なんでシーバス用の竿は長さをフィート(ft)でいうのか? わしゃ日本人なんで、メートル(m)で言ってくれんとわからんがのう。

「エギング」・・・エギという偽者の餌でイカを釣ること。これに似た使い方で、ルアーでチヌを釣ることを「チニング」、アジを釣ることを「アジング」というらしい。でもそう考えるとイカを釣ることは「イカング」ではないのだろうか!? ○○イングというのは多分、ずっとリールを巻いてルアーを動かしているという現在進行形を表しているのかな~と勝手に解釈しておりング。


今まで調べていった中で、こんなにわからん用語が出てきているので、まだまだこれから苦労するんだろうな~。

ちなみに今は、釣り糸の結び方をイメージトレーニング中・・・。
○○ノットとか、いろんな結び方があるのだけど、わたし昔からロープや紐の結び方もさっぱり覚えられず、ネクタイも一番簡単な結び方しか出来ません。
ということで糸の結び方も結局いまだに「かた結び」と「蝶々結び」しか出来ません (´・ω・`)
[PR]

by classixism | 2007-06-23 11:14 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

釣りに目覚めようとしている!

何年かぶりに釣竿を買った。

シーバス用8フィート竿

-------------

元はといえば、小学校3年生のときから釣り好きなんです。
父親が釣り好きだったので、小さいころからよく釣りについて行ってました。

んで、小学校3年生のときに自分の投げ竿を買って、毎週のように近くの防波堤に投げ釣りに行ってました。

それから小学校を卒業するまではずっと行っていたなぁ~。

中学生~高校生~大学生の間はほとんど行ってない。

大学を卒業してから、こっちに帰ってきて、とっきどきnonoopyさんと投げ釣りに行っていたけど、いつもボウズだったなぁ~・・・。

-------------

で、話は冒頭に戻って、何で今更?ということだが、

ダイバー仲間のたいちゃんが、いつも潜っている須佐の海で時々ルアーを投げていたんだけど、この間、釣れたのよ、魚が!こりゃまたビックリ!

今まで、ルアーって釣れないと思っていたのに簡単に釣れちゃったもんだから、オイラの釣り魂に火が点いちゃったわけよ、それも何年かぶりに。

昔のパチ仲間であるにゃんさんもチヌ釣りにハマッているみたいだし。

ってことで、餌を用意せずに気軽に「今晩のおかず」を釣ることが出来るセットをたいちゃんに相談して、シーバス用の8フィート竿(2.4m)を購入。8ftあるとエギングにも使えるってことで。
リールはたいちゃんから貰っちゃうって事で、購入なし。
それとルアーはメタルジグ2コ、フローティングミノー1コを購入。ルアーって高いのね、ビックリ。

専門用語がいっぱいあるので、それを調べるので、結構疲れるのねん。

そして、何年か振りの釣りデビューは、来月かな!?

それまではイメージトレーニングしとこ。
[PR]

by classixism | 2007-06-17 22:06 | 食・旅・温泉・山 | Trackback | Comments(4)