<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「四日間の奇蹟」ロケ地めぐり

先週、山口県の北西の端にある角島(つのしま)という所に行ってきました。ここは映画「四日間の奇蹟」のロケ地となった美しい島です。本州の角で日本海に突き出た形になるので潮の流れが良いのか、海の透明度がすばらしいです、10m以上は見えるんじゃないかな。
b0062010_23421386.jpg
昔は豊浦郡特牛(こっとい)という港から船で渡っていたのですが、少し前に橋がかかりました。これがまた芸術的な橋でまぁ。
b0062010_2343463.jpg
橋を渡ってからもメイン道路は1本しかないので、すぐに映画の舞台となった礼拝堂や灯台に辿りつけます。映画は見ていないのですが、6月に「四日間の奇蹟」の原作(浅倉卓弥 著)を読んでいたので、ここでこんなことがあってこんなになっちゃったのか、ううむ~なんてイメージが膨らみます。さらに「北の国から」ファンな私は当然、吉岡秀隆ファンでもあり、石田ゆりこも好きだったりします。
b0062010_23433321.jpg
橋が架かったおかげで便利になったのはいいけど、びっくりするぐらいたくさんの人です。灯台なんかも見学する人が並んでます。こんなことなら橋が架からなかった方が自然やゆったりとした時間が残っただろうにな~なんて思ったりもします。マズイという噂のワカメソフトクリームも食しましたが、予想外においしかったです。
[PR]
by classixism | 2005-08-31 23:48 | 映画・読書 | Trackback | Comments(3)

我が家も文明開化

Windows98SEの時代からずっと使っていた17インチCRTが最近調子よくなかったのですぅ。いつもはちょっと叩けば復活してたりしてたんですぅ。そんな使い方で半年くらいはダマシダマシ使ってたんですぅ。

今月の初め、またまたモニターが映らなくなったので、いつも通り叩いてみたんですが、映らないんです。そこでキラー・カーンばりの渾身のモンゴリアンチョップをぶちかましたんですけど復活しないんです。そこでこれは冷却が必要だなと考え、電源を切ってしばらくおいておいてその後電源を入れてみたんです。

なんか香ばしい香りがします・・・・・
なんかパチパチビシビシ音がしています・・・・・

復活しないのか?とシゲシゲとモニターを眺めると、モニターの下部から火花が出ていたんですぅ、それも線香花火のように・・・。

ヤバイ!と思った私はすぐに電源を切り、モニターを取り出しました。もう復活はありえません。だめぽ。

とりあえず、うんと昔に使っていた15インチCRTを実家から持ってきて接続して使います。でも今更15インチはちょっとキツイ。

んで、前々から欲しいと思っていた液晶ディスプレイをネット上で物色します。液晶ディスプレイもすんごく安くなってきてますね~。17インチが2万円台前半、19インチでも3万円台で購入できます。

一応、奥様に相談して「どうせ買うんならでっかいモニターがいいよね」という私の願望のこもった説明でご了承をいただき、19インチで安いもの、DVI(デジタル)入力のあるもの、を比較検討したところ、候補は価格面からSamsungかAcerかBenQにあっさり絞られ、さぁどれにしようかなと思ってたら、タイムセールをやっている(良い噂をあまり聞かない)ショップでBenQの「FP937s+」が29,980円で売っていたので、即発注、翌日振込み。

メーカーサイトによると、スペックは↓らしい。
LCD Size             48.3cm (19.0")
Display Area          376.3 x 301.1 mm
Native Resolution      1280 x 1024 (SXGA)
Brightness (Typical)     300 cd/㎡
Contrast Ratio (Typical)  700:1
Viewing Angle (L/R; U/D) 150;135 (CR>=10)
Response time (Typical)  8ms
Display Colours        16.7 million
Input Connectors       D-Sub and DVI
Power Consumption     40W (max.)< 2W
Dimensions (WxHxD)     415.2 x 426.3 x 180 mm
Net Weight (kg)         7.4kg

さらに液晶ディスプレイはアナログ接続だと滲むということだったので、デジタル接続を推奨するらしい。今使っているGeforce2 MX420ではDVI端子が無いから、きれいに映すためにはグラフィックボードを交換しなければならないのです。ということで近くのPCショップに行き、一番安かったRadeon9250(DVI出力付き)を購入。別にゲームとかしないし、これといったこだわりもないし、グラボなんて何でも良いのだ。

ディスプレイの話に戻ると、評判の良くないショップだし、台湾メーカーだし、ドット抜け保証もつけなかったしということでドキドキして到着を待っていたが、振込み後2日で難なく到着。接続して見るとドット抜けも無く問題なし。さらに画面がすんごいでっかくて、すんごい明るい。明るいを通り越して眩しすぎて目がチカチカします。輝度をかなり下げてやってやっと落ち着いた発色になりました。しかし19インチはデカイな~♪
b0062010_22213528.jpg
(左が15インチCRT、右が19インチ液晶)

これで我が家も近代的PCライフの仲間入りをしたって感じです。
[PR]
by classixism | 2005-08-15 22:26 | パソコンいぢり | Trackback | Comments(2)

ウミノセカイヘご案内

7月最後の日曜日にお友達2人を体験ダイビングに連れて行きました。

朝7時集合でしたが、早朝からかなりの豪雨。大丈夫かなと思いつつも、一応出発。しかし日本海に到着した9時半頃には少し青空が見えるほどに回復していました。

体験ダイビングのお二人のうち、1人は体験ダイビングを2度経験済、もう一人はまったくの初めてということで、まずはマスクやレギュレータの使い方のレクチャーから始まり、ウェットスーツを自分で着てみるという難関を突破!
b0062010_22241644.jpg
11時にエントリー~12時にエキジットという、体験ダイビングなのに長々と60分も潜っていました。しかし二人とも落ち着いたもので、感心してしまいましたよ。Cカードを持っているダイバーでも落ち着きがない人やいっぱいいっぱいの人をたくさん見てきているのに、このお二人は立派でしたよ。

エキジット後は朝の豪雨が嘘のようにピーカンに晴れて、SUSA Resortのハウスリーフ湾内をシーカヤックでグルッと一回りした後お昼寝。夕方からホルンフェルスへ観光に行き、夕食は丹吾亭でイカ刺し定食をいただきご満悦。帰りがけ少し暗くなりかけていたので、日原天文台に立ち寄り宇宙のロマンに触れて帰途に着きました。
[PR]
by classixism | 2005-08-05 22:26 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

水中雑技を極める・・・という、へっぽこダイビングスタイル


by classixism
プロフィールを見る
画像一覧