ミュージックバトンだって。

ブログ友達のururunBYJさんから、ミュージックバトンというものを受け取りました。あちらこちらのブログで流行っているらしく、ググッてみると、約 179,000 件もヒットしちゃったぞ。

簡単に説明すると、音楽に関する四つの質問に答えて、五人にTBを打つ・・・という、不幸の手紙ブログ版のような感じなのかな、不幸じゃないからいいけど。

一応流行りモノっていうのと、ururunBYJさんからバトンをもらっちゃったということで、私も乗っておきます。


1.コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
→ 今まで考えたこともなかったけど計算してみると、7GBありました。

2.今聞いている曲
→ 最近は、奥様がハマッているハワイアンフラの曲ばかり聞かされてます。

3.最後に買ったCD
→ 最近ずっと買ってないけど、最後に買ったのはきっと、
  「ベスト・オブ・フィルコリンズ」だと思います。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
→ (1)中学生のときに好きだった、
     Policeの「Every Breath You Take」
  (2)高校生のときに好きだった、
     尾崎豊の「Seventeen's Map」
  (3)大学生のときに好きだった、
     TM Networkの「This Night」
  (4)昔から好きだった、
     小田和正の「君住む町へ」
  (5)なんか最近こんなん好きやね、
     Beginの「島人ぬ宝」

以上です。なんか、こっぱずかしいな。

で、私から次にバトンをお渡しする方ですが、
tmc47さん
たいちゃんさん
ma-ruiさん
rupanさん

4名様しかお付き合いがないのですが、みなさん、このバトンをどうそ受け取ってくださいね♪
[PR]

by classixism | 2005-06-29 22:46 | Trackback(2) | Comments(2)

4人の食卓

チョン・ジヒョンが大好きな私は、今回「4人の食卓」という映画を見ました。
韓国ホラー映画というジャンルでちょっと躊躇したのですが、実際に見てみると、ホラーというよりかは心理サスペンスという感じでしょうか。日本やアメリカのホラーとはぜんぜん違います。だけど、ジュクジュクとした痛みはありますかね。
b0062010_21495279.jpg
そして肝心なチョン・ジヒョンはというと、「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」などの天真爛漫なキャラとはまったく異なる、すんごく暗く重い役どころです。さらに思ったのは、この役はチョン・ジヒョンじゃなくてもいいんじゃない?ということでした。ラストはまたまた「マジで?」という後味の悪い終わり方。あんまり人に勧めたくなるような作品ではないかな。

やっぱりチョン・ジヒョンはスッとしててかっちょよく、自我を確立した女性像を演じてほしいですね。
[PR]

by classixism | 2005-06-08 21:51 | Trackback(1) | Comments(2)

半年ぶりの海です

このブログで、やっとダイビングのことを書くことができます。ブログのタイトルも「我が道を行くダイバー」となっているのに、海の話は一言もできませんでした。でもこれからは、海の話題がどんどん増えていきますぇ~。

6月4日
やっと今シーズンのダイビング、シーズンイン!
ホントは5月に潜るつもりだったけど、海がシケてて潜れなかったのです。そんなこんなで6月になってやっとこさ海に潜りました。

ダイビングサービスはいつもの須佐リゾート、ポイントはいつもの山口県萩市須佐町の深まてかたビーチ。この日の水温は18度。やっぱりまだ寒いっす(-Д-)。さらに気温も18度。ここんとこ28度くらいの暑い日が続いていたのに、潜る日に限ってこの寒さ、も~いやになっちゃう♪

海の中は、越冬したソラスズメダイのブルーがきれいで、海藻類にはあちらこちらにアメフラシが集まってウミゾウメンの産卵中。潮通しの良い岩場には、まだまだウミウシがいっぱいいました。サガミミノウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、フジイロウミウシなど。今回は、昨年の11月以来のダイビングであり、今シーズン初めてということもあって、リハビリダイブのつもりで、デジカメはもって入りませんでした。海の中の写真を見たい方はBlueScene←こちらが私のHPとなっております。

次回潜るのはいつになるかわかりませんが、7月中旬には高知県の柏島に行くつもりです。ダイビングサービスはいつものアクアス柏島を予定。さらに海の日前の土曜日は、前述の萩市須佐町の須佐漁協に協力する形で漁港の海中を清掃する予定です。
[PR]

by classixism | 2005-06-07 23:58 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)