<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

僕の彼女を紹介します

b0062010_21272513.jpg

韓国映画「僕の彼女を紹介します」を見ました。
現在公開中なので、ネタバレ注意ということで、詳しくは書きません。

この映画を見た人の83%は涙するという前評判の作品ですが、涙腺のゆるい私はもちろん83%派でした。

チョン・ジヒョンの映画は、「猟奇的な彼女 -2001-」、「イルマーレ(原題 時越愛)-2000-」と見ましたが、今回の映画は彼女が過去最高に美しく思いました。チョン・ジヒョンちゃんファンの私としては、あまりの綺麗さにウットリしてしまいました。

クァク・ジェヨン監督の映画は、「猟奇的な彼女」、「ラブストーリー」と見ましたが、今回が最も出来が悪いような気がします(でも泣いてるけど)。

そして、最後のキョヌはなんなんでしょうか? もしかして・・・!?
[PR]
by classixism | 2004-12-26 21:30 | Trackback(3) | Comments(4)

世界の中心で、愛を叫ぶ

b0062010_021892.jpg
「世界の中心で、愛を叫ぶ」今年、すごく流行ったものの1つで、本(著:片山恭一)/映画(森山未来・長沢まさみ・大沢たかお・柴咲コウ)/TBS系ドラマ(山田孝之・綾瀬はるか・緒形直人・桜井幸子)と3つの媒体がありました。みなさんは、目にされたことがありますか?
私は、全部見ました、順序は逆でしたけど(なぜ?)。

まず、一番最初に見たのは、ドラマ編でした。我が家は「ちゅらさん」以来、山田孝之ファンなので、じっくり見ました。全10時間以上あるので、心情の描写なども細かく演出されていて、他のキャストもすばらしいメンバーが組まれていて、毎週毎週泣きながら最後まで見ました。
その次に、映画を見ました。我が家は「ウォーターボーイズ」以来、森山未来ファンなので、ウキウキしながら見ました。2時間前後で完結しなくちゃいけないという部分で、ドラマ編と比較すると結構ハショっていると思いますが、主演の2人の存在感や時代背景は、映画のほうがよく伝わったかな。
最後に原作本を読みました。そこには、ドラマとも映画とも違う「朔太郎」と「アキ」と「二人がいた街」がありました。

みなさんは、泣けましたか?
泣きじゃくったという人、全然なんとも思わなかったという人、私の周りでは、バラバラでした。

私はというと、3つとも泣きました。
私自身、主人公と世代がシンクロしているという要因が大きいとは思うのですが、主人公の「朔太郎」に感情移入してしまうのです。自分が朔太郎になって、アキと過ごしたかけがえのない日々を思い出したりしちゃうのです。そんでもって、ふと我に返って、「オレって重症かも・・・!?」なんて考えたりします。

でもやっぱり話の内容からいっても、女性より男性のほうが感情移入しやすい=男性の方が泣きやすい話であると、分析して納得しておくことにします。
[PR]
by classixism | 2004-12-12 00:23 | 映画・読書 | Trackback | Comments(3)

ラブストーリー

b0062010_224575.jpg
韓国映画「ラブストーリー」を見ました。
監督は「猟奇的な彼女」を作った、クァク・ジェヨン監督。
主演は四季シリーズ「夏の香り」のソン・イェジン。

物語前半は、さすがクァク・ジェヨン監督と言わんばかりのコメディタッチだけど、物語後半は一転してシリアス調。最近涙もろい私は、またまた涙がちょちょぎれでした。初恋の相手役のチョ・スンウがすごくいい味を出しているのですが、それが後半の涙を誘う要因になっているのです。う~ん感動しちゃった。
[PR]
by classixism | 2004-12-06 22:55 | Trackback | Comments(2)

水中雑技を極める・・・という、へっぽこダイビングスタイル


by classixism
プロフィールを見る
画像一覧