カテゴリ:日々徒然( 168 )

ある日の夕暮れ 冬

秋も終わり、すっかり冬ですね。

b0062010_2315473.jpg




先日、早朝から仕事だった日、久しぶりに早く帰れた帰り道で、夕焼けをすこし通り過ぎた感じの夕暮れの景色に出会いました。


b0062010_2316286.jpg



ビューンって感じで ふゆふゆ
b0062010_23163992.jpg

[PR]

by classixism | 2012-12-06 18:30 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

伝統芸能を見て

先週、地域の神楽の団体が集まっての共演大会があったので見に行ってみました。


これまで、神楽には何の興味も無かったので、見に行ったことも無かったのだけど、ちょっと仕事の役に立つかな?と思い、どんなものか見ておこうという気持ちでした。


大人の神楽や子供神楽など7団体が演じていましたが、どれもなかなか面白かったです。
(まぁ、まともに見るのが初めてだから・・・)


中でもやっぱり、八岐大蛇(やまたのおろち)が一番ストーリーが分かりやすくてよかったかな。

9月に出雲神話博を見たときに初めて、スサノオノミコトと八岐大蛇(やまたのおろち)の話を知ったんですけどね。

b0062010_23102686.jpg

b0062010_2310457.jpg

b0062010_23105618.jpg

b0062010_2311649.jpg



また、機会があれば、見に行こうと思います。
[PR]

by classixism | 2012-12-05 23:11 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

また一人、大切な人が・・・

11月21日の午前中に、学生時代の友達から久しぶりにメールが届いた。


内容は・・・、

学生時代にアルバイトをしていた、うどん屋のシャチョーが亡くなった。
今夜が通夜、明日が葬儀、詳しいことがわかったらまた連絡する。

とのこと。


メールを読んだ直後、声が出なかった。

シャチョーのいろんな顔が脳裏に浮かんだ。

涙が溢れそうになった。



というのも、このシャチョーとは、ただのバイトと雇い主ということではなく、オイラの学生時代にものすごくお世話になった人で、さらにその後の人生においても多大なる影響を与えてくれた人、なのである。


オイラが大学の4年間を過ごせたのも、このシャチョーと奥さんの助けがあったから。

だから、オイラはこの地を第2の故郷と思っていたし、この2人を親のように慕っていた。




大学を卒業後、数年たったある日、シャチョーは脳溢血で倒れた。

すぐに病院に運ばれ、なんとか一命は取り留めたが、全身不随で車椅子の生活、言葉もしゃべられなくなった。

奥さんはそれから免許をとったりして、献身的に介護をしていた。


あれから、十数年。


まだまだ「死」を意識するような状況ではなかった。



なので、あまりにも突然すぎる連絡だった。



このシャチョーには、オイラ以外にもお世話になった友達がたくさんいるので、まずその友達らに連絡を入れた。

そしたら、すぐに通夜に駆けつける者、香典の代理を依頼する者、弔電を打つ者、みんなすぐに動いた。


オイラは、なんとしてでも最後のお別れをしたいと思ったので、すぐに翌日会社を休めるように調整し、広島の友達nonoopyと葬儀へ参列することにした。



翌日、11月22日。

午前10時半からの葬儀に参列するため、早朝5時半に車で家を出て、広島のnonoopy家に6時半到着。

nonoopyのデミオ号に乗り換えて、山陽道を尾道方面へ、そして西瀬戸自動車へ。
b0062010_0285683.jpg

b0062010_0291150.jpg

空はどんよりと曇っていた。

今治からは松山道へ向かい、松山ICで高速を降りた。


ナビに従って、午前9時半ごろ葬儀場へ到着。

シャチョーと最後にゆっくりと話が出来るように、早めに到着するようにしたので、予定通り。

誰も入っていない会場で、シャチョーの眠っている棺と対面した。

すごく穏やかな顔だった。

オイラはただただお礼を言った。

「シャチョー、ありがとう。あなたのおかげでオイラはやってこれていますよ」と。




葬儀が始まる前に、お店を手伝っていた親戚のおばちゃんと話をしたら、

「あんたら、時間があるんやったら、斎場に来て。ほんで、弁当も食べていって」

といわれ、「お邪魔じゃなければ」ということで、斎場まで行くことに。


葬儀が始まる直前に、奥さんと娘たちが会場に来た。

奥さんと話をしようと思ったが、奥さんもオイラ達の顔を見るなり泣き出し、オイラも涙があふれて会話にならなかった。

いろんなことを言いたいのに、何も言えない。



この歳になってくると、葬儀慣れとでもいうんだろうか、葬儀に参列してもあまり激しく泣くことはなくなっていたんだが・・・、この日はずっと涙が止まらなかった。


葬儀が終わって、斎場へ。

斎場では、あまり読経はなく、早々にシャッターが閉められ、みんな控え室へ。

精進落としの弁当を食べると、なんとか心も落ち着いてきた。

約2時間後、収骨をして、オイラ達は帰路に着いた。



帰りは、今治まで直通の国道を通った。

道中、鈍川温泉に立ち寄って、鈍川せせらぎ交流館という温泉で一息ついた。
b0062010_0293442.jpg


そして今治から西瀬戸自動車道に乗って、一路、広島へ。
b0062010_0295024.jpg

広島へ着いたのは、午後6時半。

ちょうど、12時間の弾丸ツアーだった。



シャチョー、ほんとにありがとうございました。

オイラが大学4年間、生きていけたのも、ほんとにシャチョーのおかげだと思っています。

そして、その後の今のオイラがあるのも、シャチョーのいろんな教えがあったから。

シャチョーの弟子だったバイト一同はみんな、同じ気持ちですよ。

また、来年の春頃には、みんなで集まって、シャチョーのお墓参りにいくことを計画しています。

みんなを見ててくださいね。
[PR]

by classixism | 2012-11-24 23:58 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

有名人と

今日、ランチに行った時に、とあるホテルのエレベーターで

佐藤寿人さんと一緒に乗り合わせました。

ちょっと嬉しい。



その日の夜、スポーツニュースでサンフレッチェ広島の広島ビッグアーチでの試合結果を見ると、なんと寿人選手が華麗にゴールしているではありませんか!


また、ちょっと嬉しい。
[PR]

by classixism | 2012-11-08 00:26 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

秋というより、初冬ですね。

極早生のみかんを買った。
b0062010_23583618.jpg




みかんの皮でこんなのが出来るんですね。

チビ姫が作りました。

「うさぎ」
b0062010_23585526.jpg

結構、完成度が高い。
[PR]

by classixism | 2012-10-28 00:00 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トイレの格言

公衆トイレなどに行くと、目線の位置に


「いつもきれいにしてくださってありがとうございます」


みたいな張り紙のようなものをよく見かけます。



これは、男子トイレだけなのだろうか・・・?







仕事で周防大島に行くときに、橋を渡る手前の休憩所のトイレに行くと、


b0062010_18564211.jpg



これが張ってあります。




一理ある!




と感慨深くなってしまいました。





誰が考えたんだろう??




と思っていましたが、ググッてみると、いっぱい出てくるのね。


すでにワールドワイドな格言でした。



例えば、トイレの格言 など。




ということで、珍しいものじゃあ無かった・・・。
[PR]

by classixism | 2012-10-06 18:59 | 日々徒然 | Trackback | Comments(3)

「キングオブコント2012」を見て

もう、先々週の話になるけど、

「キングオブコント2012」

見ました?





今さらですけど・・・ オイラ、録画しておいて、やっと見ました。



正直なはなし、オイラの中で、これまでのキングオブコントはイマイチというイメージでした。




さらに今回は、出場者のほとんどが聞いたことないコンビ。





知っていたのは「しずる」と「銀シャリ」の2組のみ。




なので、なおさら、期待を持たずに見ました。







そしたら、全組、おもしろかった!


予想外!?


マジで、おもしろかった!




ピックアップすると、「バイきんぐ」は得点どおり、1stステージも2ndステージもダントツにおもしろかった。



得点に反映されなかったけど面白かったのは、「うしろシティ」の1stステージのネタ。





ウチのチビ姫もこれにハマッてしまって、


「おちゃむらぴーすけ」見たい~~!


とか、


「もぎぼっこり」見る~~!


とずっと言ってる。






個人的には、


「知らない物で 知らない物を つくるな~」


というツッコミが、バカウケでした。



見ていない人には、何のことだかさっぱり判らない話で、すんません。
[PR]

by classixism | 2012-10-04 18:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

我が街 近郊で

先日、瀬戸内のハワイにサタフラ "Saturday Hula"というイベントで仕事を頂き、行ってきました。
b0062010_17214280.jpg



ミス カウアイ 2012 と記念写真(^^)
b0062010_17215153.jpg






その2日後・・・



全国ニュースでも登場しています、オスプレイ
b0062010_1722266.jpg








その2日後・・・



我が家のアジサイが咲きました!!!
b0062010_17221573.jpg

[PR]

by classixism | 2012-07-25 07:15 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

祖母のこと

平凡な日常を過ごしていることの多いオイラですが、ここんところ、なにかと忙しくて、なかなかブログの更新が儘ならない状態になっています。

書きたいことはいっぱいあるんですけどね。





今日は、忘れてはいけないことを書いておきます。


祖母のことです。


5月24日(木) 午前9時8分 永眠しました。

大正3年1月16日生まれで、98歳でした。




オイラの家は、母方の祖父母と同居していたので、オイラは生まれたときから10年前まで祖母と同居していました。


祖母は90歳くらいまではいたって元気でした。

自分で食事も洗濯もしてました。

ただ、視力はほとんど無く、聴力も左耳がわずかに聞こえるくらい。



8年か9年くらい前に、家の中で転倒して、大腿骨を骨折して約1週間入院しました。

その入院している間に、認知症が一気に始まり、言動がアヤシクなってしまいました。

大腿骨には手術で人工の骨が入れられ、その後のリハビリで杖をつけば歩ける程度までは戻りました。



その後、紅葉の季節に市内の紅葉スポットへ連れて行ったときにまたまた転倒し、反対側の大腿骨を骨折。

この入院・手術の時に、認知症がさらに進み、いろんなことが理解できなくなりました。



退院後は、いわゆる老人介護施設へ入り、静かに余生を過ごしていました。

母は、入院中も介護施設に入ってからもほぼ毎日のように祖母の見舞いに行って、食事の介助をしたりしていました。

祖母は見舞いに行くといつも、「家に帰りたいねー」と行っていました。

実際、家族としても家に帰してあげたくて、家の廊下に手すりをつけたり、トイレを改修したりして準備はしていたのですが、結局家には帰れませんでした。


そして2年前に、食事が難しくなり、今の病院に入院することに。

この病院へも母は毎日、電車とバスを乗り継いで通っていました。

食事が出来なくなったので、栄養補給は点滴のみで、このころから祖母はしゃべらなくなり、寝たきりの状態となりました。

もう、オイラたちのこともまったく理解できないし、反応も手を握り返すくらいでした。



今年の2月、主治医に呼ばれ、「覚悟してください」と通告がありました。



それから3ヶ月後の5月24日、朝9時7分、仕事場にいた私に母から電話がありました。
病院から連絡があって、祖母の心拍が弱くなってきているので、すぐに病院に来てほしい、と。


私はとっさに仕事を切り上げ、9時15分ころ自家用車で会社を出て、途中でタクシーを待っていた母親を拾い上げ、病院に向かいました。

病院についたのは午前10時過ぎ。


祖母はベッドに横になっていましたが、鼻や口に付けられていた管は外されて、点滴も外されていました。

そこへ主治医が来て、9時8分に静かに息を引き取りました、と。




5月25日 通夜

この日は、チビ姫の5歳の誕生日。

通夜が18時からだったので、その前にチビ姫にとっては“ひいばあちゃん”の祭壇のまえで、家族だけでチビ姫の誕生日ケーキを食べました。




5月26日 葬式

家族葬という形式で、近しい身内だけで行いました。




ばあちゃん、長い間お疲れ様でした。

ゆっくり休んでくださいね。
[PR]

by classixism | 2012-05-28 00:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

GW 終了!

オイラの中で、今年のGWの山場は5/5でした。


5/5 夜中2時半に起床。

早朝3時半にチャリで出勤。

5時前には大渋滞の真っ只中。

5時半ごろ、麻薬犬にクンクンされ、6時前にはだだっ広い駐機場に。


我が街の一大イベント。


イベント自体は午前8時から入場開始だけど、オイラは朝5時から業者として入場し、準備。

b0062010_1934717.jpg

b0062010_194759.jpg

b0062010_1942229.jpg

b0062010_1943670.jpg

b0062010_1944688.jpg

b0062010_1945486.jpg

b0062010_195215.jpg

b0062010_1951026.jpg

b0062010_1951757.jpg

b0062010_1953473.jpg

b0062010_1954454.jpg



結局、朝6じから夕方6時まで、陽をさえぎるもののない炎天下で、ひたすら仕事をしていましたよ。

おかげで顔も首も腕も足も、日焼けでまっかっか。

日焼け止めクリームを塗っても、このありさまです。

で、夜8時に、またまたチャリで帰宅。

さすがにクタクタですわ~。




今日、5/6.

やっと今年のGW、2日目のお休みでした。
[PR]

by classixism | 2012-05-06 19:08 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)