カテゴリ:映画・読書( 31 )

涙腺ゆるゆるやわー

ちょっと時間ができたので、録りだめている映画を見ました。


「そのときは彼によろしく」




2007年の映画で、興行的には成功と言えるような作品では無かったようです。






が・・・





わたくし、久しぶりに号泣しました。





年齢とともに涙腺もどんどんゆるくなるのですね~
[PR]
by classixism | 2015-08-15 01:50 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

DVD鑑賞 2012-11

ちょっと時間が出来たときに、映画のDVDを見ています。


ワタクシの勝手な感想


『劇場版 SPEC~天~』

TV版のSPECは、録画したものを何度も見るほど大好きで、この映画も「期待しすぎちゃいけない、期待しすぎちゃいけない」と自分に言い聞かせながらも期待して見てみました。

やっぱり、TV版は超えられない・・・という感想。



『テルマエ・ロマエ』

私の中で、今年No.1!
言うことなし!



『アンフェア the answer』

わざわざ映画にしなくても・・・。
[PR]
by classixism | 2012-11-19 00:25 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

時期が時期だけに

先週の3連休、台風やらなんやらであまり家から出られなかったので、久しぶりにマンガを読み返してみようと思い立ってしまいました。


で、読み返そうと思ったのは、コレ。



マリナーからサブマリナーへ : 我が道を行くダイバー



この時のブログの日付を見ると、2009年9月。


ちょうど、3年前か。



3年たつと、内容なんか結構忘れているもので、今回も新鮮にハマリ込んでしまいました。


土曜日からずっと読んでいるけど、今日現在でやっと9巻。



コレを読むと、つくづく思うことがある。





アメリカって恐ろしい国だな・・・って。



そりゃ、マンガの世界ってわかってますけどね。




でも、このマンガの中に描かれている、アメリカ大統領や側近たち、そして海兵隊などの軍隊が、どうしても今の私の街の現状とオーバーラップしてしまうんすよ。




地元住民の意向に関係なく、

ついに明日、

我が街で、

オスプレイの飛行訓練が始まってしまいます。





なんか、シュールな終わり方やな~。
[PR]
by classixism | 2012-09-20 21:26 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

鳥肌ものだよっっ

この間、ふとこんなものに気がつきました。


youtube 宇宙戦艦ヤマト2199


超ヤバイっす!



こう見えて、ヤマト世代なオイラ。



小学生のとき、宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999にどっぷりとハマッたあと、ガンダムがやってきました。



でもオイラ、やっぱりヤマトと999が好きでした。



これ ↓ ↓ ↓ なんか見ちゃうと、古代守の生き様に、この歳でもウルウルしちゃいます。

宇宙戦艦ヤマト2199 冒頭10分


やべぇ~、
宇宙戦艦ヤマト2199 全編見てぇ~! 
[PR]
by classixism | 2012-06-13 22:04 | 映画・読書 | Trackback | Comments(2)

3月の初めころに本を1冊購入し、眠る前にちょっとずつ読んでいたんだけど、半分くらい読んだところで、残りを一気に読んでしまいました。


それが、一昨日の夜中の出来事。

午前0時くらいに読み始めて、読み終わったのが午前4時。





この日は、早朝出勤の日だったので、このまま結局眠らずに出勤。


午後からは、記憶が・・・

(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌






実は、こう見えて(どお?)、東野圭吾の本が好きなのであーる。


これまで、いろいろ読んできたけど今回は(というか今更というか)、映画化もされている、「手紙 」(文春文庫)を読みました。
b0062010_21304764.jpg


わたくし、まだ映画は見ていません。

なので、なんの先入観もなく読みましたが、読む前にイメージしていた内容とは全く違っていました。




読む前は、いつも通りのミステリーなんだろうなぁと思っていましたが、この本はミステリーではなく、もっと重い・・・重くて考えさせられる内容でした。




ジャンル的に近いところはというと・・・天童荒太の方面やろうな。

そこまで暗くないけど、落ち込み具合は近いところまでいってると思う。





今度、DVD借りて見てみよっと。
[PR]
by classixism | 2012-03-14 21:31 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

2D映画を観た

昨日、映画「ALWAYS三丁目の夕日'64」を観ました。


1作目はそーとー面白かった。


2作目はまーまー面白かった。


3作目は、あまり期待せずに観たけど、けっこう面白かったよ。


今作は、1964年東京オリンピックの年が舞台ということで、オイラはまだ生まれていません。

が、懐かしい感じがするんですよねー。







今週末は、BSフジでドラマスペシャル『北の国から '92巣立ち』があります。

録画予約しとこ。

【前編】2月11日(土) 14:00~16:25

【後編】2月11日(土) 18:30~21:20
[PR]
by classixism | 2012-02-07 06:52 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

もしドラ。

DVDを見た。


ご存知でしょうか?


「もしドラ」。



まぁ、ベストセラーだったので、知ってますよね。


正式には、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」



個人的な感想としては・・・、原作は読んでいないけど、たぶん、ストーリー云々よりもAKB寄りに制作しちゃったのではなかろうか・・・と。
[PR]
by classixism | 2012-01-26 20:37 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに映画館で

先週、お仕事の関連で映画「ツレがうつになりまして。」を見ました。


市民公開講座のひとつとして、病院の先生が「うつ病」の講演をして、その後に映画「ツレがうつになりまして。」を見るというもの。


私の会社もこのイベントの後援をしたり、ちょっとした仕事を請けていたので、責任者として立会い、、映画もついでに見させてもらいました。


この病は、やっぱり、かかった本人にしか、本質ってわかんないんだろうな?という感想。

映画では明るく表現していても、実際はいろんな部分でしんどいんだろうなぁとか、自分がもしこの病にかかったら、どうやって周りに訴えればよいのかとか、いろいろ考えさせられました。


映画の配役的には、主演の2人はベストチョイスでしょうなぁ・・・。







話題はぜんぜん変わるけど・・・


今夜は皆既月食ですぞ~!


起きてたら見てみようかな!?
[PR]
by classixism | 2011-12-10 20:20 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

最近みた映画DVD 2011/11


夏くらいから(だいぶ、たまってますが)これまで見た映画DVDを紹介します。


人によってはネタバレ注意もありますので、そこんとこヨロシク。



G A N T Z
原作を知らないオイラは、何の先入観もなく見ましたが、結構おもしろかったなぁという感想です。
相変わらず、マツケンはかっこいいねぇ~。



GANTZ PERFECT ANSWER
Part1が期待以上だったので、期待して見た続編。
オイラ的には、イマイチな期待外れ。



ノルウェイの森
読書好きなオイラではありますが、村上春樹はこれまで一度も読んだことがありません。
なので、どんな話か知らないまま見ましたが、これといった収穫もなく・・・。
しかし、マツケンかっこいいねぇ~。



悪人
映画賞を取ったのがわかりますね。
深津絵里の演技はすばらしかったと思います。
妻夫木も、よくいる田舎の青年を好演したと思いますね。
岡田将生ってこういう役が多い気がするよね、「告白」といい・・・。



告白
こちらは以前、原作を読んでいるので、どんなギャップがあるのかと思いきや、原作に忠実に作られていました。
名の知れた俳優も少ししか出ていないのに、結構、しっとりとするよね。
で、岡田将生ってこういう役が多いよね、「悪人」といい・・・。



僕の初恋をキミに捧ぐ
意外と涙もろいオイラ・・・終盤、泣けました。
井上真央ちゃんはかわいいし、岡田将生はこういう役をやればかっこいいよね。



借りぐらしのアリエッティ
ジブリ作品の中では、イマイチな感じで、メッセージ性もあまり感じないし、終わり方も中途半端な感じがする。
で、その後、どうなったのよ、みたいな。
あと、声だけで樹木希林の顔が浮かぶ・・・。



鬼平外伝  夜兎の角右衛門
これは同列に並べるのがどうかと思ったけど、ついでに。
梅雀は渋いね。
重い感じから情けない感じまで表情で表現できるってすごいね。
ただ、平泉成がでると、「サラリーマンNeo」のイメージが強すぎて、笑ってしまいます。
[PR]
by classixism | 2011-11-26 21:43 | 映画・読書 | Trackback | Comments(0)

寝ぼけました・・・

3月2日に久しぶりの深夜(早朝)作業で会社に2時前集合ということで、その準備のため3月1日は早めに帰って、早めに寝て、午前1時に起床しよう・・・


・・・と思っていたのに、普通に20時頃帰り、普通にテレビを見て、普通に0時頃就寝 zzZ~。


午前1時にケータイにセットしたアラームが鳴り、普通に止めて、またまたzzZ~。



ハッ!と我にかえり時計を見ると、午前2時30分 ┐(゚~゚)┌



完全に寝過ごしちょりやす!

速攻で着替えて家を出て、会社に向かい3時前に到着。
すでに5人来ております。


本当の作業自体は3時からで、2時~3時までの間は準備作業だったので、なんとか本番には間に合って良かった・・・・・と自分に言い聞かせて


で、作業自体は珍しくトラブルも無く、朝5時過ぎに終了して、解散。


みんなは帰ったけど、オイラは次の早朝仕事が5時30分からあるので、一人で準備。

6時前にあと2人きて一緒に仕事をして、8時に終了。



あまりに腹が減っていたので、3人で朝マックでも行くか!と近所のマックへ行ってみる。

マックグリドルとコーヒーで¥200×3人=¥600也。 安い。


ほっと一息・・・9時前に会社に戻り、そこでオイラのその日の仕事は終了。


みなさんに「お疲れ様」をして、通勤の車と逆方向に家に向かいます。




・・・途中、バッグを持っていないことに気付き、寝ぼけた頭をフル回転させて、プレイバック。


マックに行くときはバッグを持ってたけど、マックからの帰りには持っていなかったような気が・・・。


バッグの中には、財布(現金1万ちょっととクレジットカード4枚くらい、ETCカード2枚、その他もろもろ)、すまふぉ、ケータイ、手帳。


これは紛失してたらマジでヤバイ・・・

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル



すぐさま方向を変えて、さっきまでいたマックへ向かいます。

途中、信号で足止めをくらいつつ、イライラしつつ、なんとか到着。


マックを出てから再度マックへ舞い戻るまでの空白の時間は約20分。


さっき自分達が座っていた席へ行ってみると・・・



ありました。 オイラのバッグ(・∀・)スンスンスーン♪

ということは、店員もまったく巡回していないってことなのね。


でもまだ安心はできません。

中身を確認。

財布・・・OK

現金・・・OK

クレジットカード・・・OK


すまふぉ・・・OK

ケータイ・・・OK


全部あったよ(ノ゚Д゚)

無くなってたらどうしようかと思って、ビクビクしてたよ。


やっぱり夜中の作業で、寝ぼけてたのかな。




やっとこさ家に帰り、眠るべきか、夜まで眠らずに起きてくべきか・・・悩みつつ、とりあえず映画でも見ようと。

「秘密」 原作:東野圭吾 主演:広末涼子


う~ん、ストーリーを知っている分、まぁ、こんなものかな、と。
[PR]
by classixism | 2011-03-04 06:08 | 映画・読書 | Trackback | Comments(2)