カテゴリ:スキューバダイビング( 48 )

ダイブログ No.244-245

2017/07/30 山口県長門市青海島に行きました。

利用したダイビングサービスは山口市内にあるシーアゲインさん。

今回は一昨年・昨年とOWを取得したビギナーさん5名とダイバー仲間2名と私の総勢8名という大所帯なので車2台で出発。

まずは朝8:30に山口市のショップへ。
皆さんをピックアップするために家を出たのは5:45。

シーアゲインは初めての利用なので、一通り説明を受けて、ショップの車に付いて行って青海島へ10時過ぎに到着。


こんなところです。
b0062010_20475664.jpg


想像してたよりも、ダイバーが多くてびっくり!
70人以上はダイバーがいたと思います。


さらに海水浴客もキャンパーもBBQしてる人もいっぱい。


まずは1本目。

ダイブNo.244

青海島船越 左の瀬

En 11:07
Ex 11:51
DiveTime 44min
AveDept 9.1m
MaxDept 14.4m
水温 26.0℃

10Lスチールタンク
5mmウェットスーツ
ウェイト3kg


とりあえず総勢8名+ガイドさん2名でエントリー。
目的はハナイカの卵というか、ハッチアウト。



結果は
b0062010_20483649.jpg
手前のほうは、ハッチアウトしちゃっていて、奥のほうに2つ残っているんだけど、よくわからない、残念。



次はなんと、クマノミ!
b0062010_20485628.jpg

b0062010_20490580.jpg

b0062010_20491713.jpg
山口県でクマノミが見れるとは、ありえへん。
ちゃんとイソギンチャクについていたので、しばらくは見られるのかな。







そして2本目。

ダイブNo.245

青海島船越 洞窟

En 13:26
Ex 14:35
DiveTime 69min
AveDept 6.7m
MaxDept 13.0m
水温 25.7℃

10Lスチールタンク
5mmウェットスーツ
ウェイト3kg



ビギナーさん4名は別班に分けて、経験ダイバーにてエントリー。

まずは沖の瀬に向かい、オトヒメエビ。
b0062010_20495449.jpg


カレイ
b0062010_20500834.jpg


ミチヨミノウミウシ
b0062010_20502129.jpg


サラサウミウシ
b0062010_20503203.jpg


コモンウミウシ
b0062010_20504375.jpg


スナダコ
b0062010_20505512.jpg


あっちこっちにミノカサゴ
b0062010_20511048.jpg

b0062010_20512215.jpg



オニオコゼ
b0062010_20514150.jpg


洞窟
b0062010_20515231.jpg




洞窟の壁には、ウミウシがいっぱい。



こんなにいっぱいダイバーがいる環境は沖縄や柏島以来だったので新鮮だったし、なかなか楽しかったけども、なかなかしんどい部分もある。

なんせ家から片道160kmオーバー。

あと、人が多すぎて、水面休息の間、休憩する場所も無く炎天下にて昼食&休憩。



まぁ、SUSARESORTが再開するまではここまで来るしかないか。


















.

[PR]

by classixism | 2017-07-31 20:54 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

6月なのに海水温20℃オーバー

2016年6月26日(日)

ビーチダイビング 山口県 萩市 須佐


昨年秋にオープンウォーターを取得した新人ダイバー5人を引き連れて、梅雨真っただ中の海へGo!

例年だと6月下旬の海水温はまだ18℃くらいで寒いんですけど、今年はすでに20℃を超えているということで、安心してエントリー。


キイロウミコチョウという1mmくらいのウミウシがアチラコチラにいたほか、マンリョウウミウシ、アオリイカの新鮮な卵、ギンポも産卵、きれいなミノカサゴなどが見られました。

新人さんたちは、まだまだ中性浮力がとれないのと、バッファロー軍団で必死に泳ぎ空気消費が激しいので2本とも潜水時間は短くなっていますが、まぁ、しょうがない。

はやいとこ、一人前になってもらいましょう。

b0062010_15364479.jpg


b0062010_15365532.jpg


b0062010_1537226.jpg


b0062010_15371096.jpg


b0062010_15372865.jpg



DiveNo.235
1本目 ながいそ

エントリー 11:25
エキジット 12:12
潜水時間  47分
水温    22.2度
最大水深  15.9m
平均水深   7.0m
透視度    10m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
5mmOP/RS セミドライ+フードベスト



DiveNo.236
2本目 ながいそ

エントリー 14:42
エキジット 15:33
潜水時間  51分
水温    22.5度
最大水深  10.6m
平均水深   5.6m
透視度    10m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
5mmOP/RS セミドライ+フードベスト














.
[PR]

by classixism | 2016-07-09 15:39 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

2016年 潜りはじめ

2016年5月7日(土)

ビーチダイビング 山口県 萩市 須佐


1本目 ながいそ


エントリー 11:14
エキジット 12:15
潜水時間  61分
水温    16.0度
最大水深  12.6m
平均水深   7.2m
透視度    15m
タンク   10L スチール
ウェイト  8kg
6.5mm J/RSカブリ+フードベスト



今日はもともと潜るつもりではなくて、稲村しぇんしぇいのPCを復活させるということで須佐リゾートへ参上しました。


ですが、PCの方はほとんど自力で修復されていたので、潜ることに。


この時期しか、ここでは見られない「ダンゴウオ」も見たかったしね。


10年くらい前は4月下旬からセミドライスーツで潜っていましたが、今では冷たさに負けて、水温20度以上でないと潜るのを躊躇っています。


今日は、稲村しぇんしぇいの計らいで、6.5mm(ロクハン)のカブリスーツを借りることが出来、幸いサイズもピッタリだったので安心してエントリーできました。


ただし、ウェイトがいつもの倍の8kg。

それでも浅場ではプラス浮力で両手に岩を持ちウェイト代わりに。




そして念願のダンゴウオに初対面。

体長5mmくらいでしょうか。

肉眼では確認できるのですが、カメラのモニターではどこにいるのかよくわかりません。

なので、適当にシャッターを切ります。

それで撮れたのがこんな写真。

b0062010_2255751.jpg


b0062010_22687.jpg


ダンゴウオ、わかりますか?

b0062010_226191.jpg


b0062010_22628100.jpg



こんな感じで、ダンゴウオに食いつきます。

b0062010_2264385.jpg




稲村しぇんしぇいは、自作の老眼対策マスク(笑)にて視界を確保しています。

b0062010_2265861.jpg



いくらロクハンといえど、やはり潜降30分すぎたあたりから寒くなってきます。


アカクラゲも時々いたので、千切れた触手などの被害を受けないようにかわしていきます。
b0062010_2271283.jpg



ということで、2016年の潜り始めのレポートでした。

b0062010_2272695.jpg
















.
[PR]

by classixism | 2016-05-07 22:07 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

今年の潜りおさめ・・・かな?

2015年11月22日(日)

ボートダイビング 山口県 萩市 須佐


1本目 地ノ島No.6 (通称 ロク)

b0062010_12295025.jpg


エントリー 10:39
エキジット 11:29
潜水時間  50分
水温     19度
最大水深  29.0m
平均水深  12.7m
透視度    15m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
セミドライ+フードベスト


1本目のポイントは、SUSAリゾートからボートで20分くらいのところ。
途中、海からのホルンフェルスも見ることができます。


エントリーしてすぐに、イワシの群れ、アジの群れがお出迎え。
深度を下げると、ブリの群れ、イサキの群れ、といった具合に
久しぶりに魚の群れに圧倒されました。
b0062010_1230272.jpg

b0062010_12301057.jpg

b0062010_12301738.jpg


そのあとはコブダイ、クエ、ソフトコーラル、ハコフグなどを
眺めてアンカーロープへ。
b0062010_12303215.jpg

b0062010_1230393.jpg

b0062010_12304641.jpg

b0062010_12305437.jpg

b0062010_1231492.jpg

こいつは猛毒のイイジマフクロウニ
b0062010_12312647.jpg




アンカーロープには、若葉マークのダイバーの群れ(笑)
b0062010_12315399.jpg

b0062010_1232177.jpg

b0062010_1232868.jpg

b0062010_12321772.jpg





2本目 天神島 西の回廊

エントリー 12:43
エキジット 13:32
潜水時間  49分
水温     19度
最大水深  20.3m
平均水深  11.0m
透視度    15m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
セミドライ+フードベスト


2本目は船で5分くらいのところ。
渡し船で渡ってきている磯釣り客もたくさんいます。

b0062010_12333644.jpg






1本目はエキジット前までは寒さも感じなかったけど、
さすがに2本目は中盤あたりから寒くて寒くて・・・。





これにて今年のダイビングは終了かな。
[PR]

by classixism | 2015-11-23 12:34 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

新人OWダイバーさんと

私の同僚6人が、10月からOW講習を始めて、11月初旬に無事、Cカードを取得しました。


そこで、ダイバー認定記念として、みんなでお祝いをしようと。


その前に、1本潜っときますか・・・ということで結構シケてたけども長磯ビーチへGO!


2015年11月7日(土)  山口県 萩市 須佐 長磯ビーチ

1本目

エントリー 10:21
エキジット 11:12
潜水時間  63分
水温     20度
最大水深  17.5m
平均水深  8.5m
透視度    5m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
セミドライ+フードベスト


エントリー時点からすでに波がザッパーン!!!

海中もウネリが結構あり、おまけに透視度も悪い。

そんな中を新人ダイバーさんは果敢に進んでいきます。
砂を巻き上げながら・・・。


深度が10m以上になるとウネリも無くなりますが、視界は悪いまま。


今年は夏の間に現れなかったソラスズメダイがこの水温まで下がっているにもかかわらず、少しずつ増えてきています。

ミノカサゴのお子ちゃまもチラホラ。

サンゴイソギンチャクにはエビちゃん。

ソラスズメダイやスズメダイの中にアカオビハナダイも数匹。



まだ、あまり寒さを感じない程度のダイビングでした。


b0062010_1013220.jpg

b0062010_10131282.jpg

b0062010_10132288.jpg

b0062010_10133225.jpg

b0062010_10133981.jpg

b0062010_10134810.jpg




エキジット後は、須佐駅前の好月旅館別館にて、男命烏賊(みこといか)三昧!

まだ動くし、表面の色も変わるほど新鮮なミコトイカの刺身に、イカの煮物、イカの天麩羅などなど、イカずくしで大満足のダイバー集会でした。

b0062010_10171432.jpg

[PR]

by classixism | 2015-11-15 10:17 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

先月に引き続き、周防大島

9月に引き続き、またまた周防大島を潜ってきました。


前回潜ったときには、ニホンアワサンゴにタマゴがいっぱい詰まっていましたが、この1ヶ月で産卵し終わったようで、プラヌラ幼生はまったく見つかりませんでした。


b0062010_1162334.jpg

b0062010_1163590.jpg

b0062010_1164221.jpg


10月5日(土) 周防大島
ポイント:ニホンアワサンゴ群生地


1本目

エントリー 10:40
エキジット 11:43
潜水時間  63分
水温     22度
最大水深  13.1m
平均水深  7.0m
透視度    5m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg



2本目

エントリー 13:46
エキジット 14:59
潜水時間  73分
水温     23度
最大水深  15.0m
平均水深  8.9m
透視度    5m
タンク    10L スチール
ウェイト   4kg





今回は、一緒に潜った俊さんがなんと、ドローンを持ってきていたので、ちょっと飛ばして撮影してみました。

b0062010_1174397.jpg

b0062010_1175240.jpg




もうこの時期、ウェットでは水面休息時間が寒いので、今シーズンはこのポイントは最後かな。
[PR]

by classixism | 2015-10-12 11:10 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

初めてのポイントへ潜水

スキューバダイビングを初めてかれこれ15年。
初めて、セルフのバディダイビングしてきました。


それも初めて潜る場所で。



場所は周防大島。



現地にショップや施設など、そういったものは何もありません。
なので、前日にタンクを借りておいて、身体を流すための水などを持参して、現地へ向かいます。




ポイントへ着いたのは午前10時前。
入り江っぽくなっている海岸線です。
さて、どこにアワサンゴの群生地が広がっているのでしょう(?)
なんせ、初めてだし、ガイドさんもいないので、ちょっと不安。
なので、安全第一で、無理をせずに潜ります。




すでに先客が4人ほど潜水準備をしていますが、彼らはドライスーツでした。




こちらは、ずっと須佐でご一緒しているタマさんと私の2人。
そそくさと準備をしているうちに、先客がエントリーします。
彼らの排気泡の行方から向かう先を見届けて、おおよその予想を立てつつ、我々もエントリーします。



この日は大潮で、12:40くらいが干潮となっているので、1本目は出来るだけ早く、2本目は潮が一番引いているくらいに入るつもりです。




エントリー口から群生地までは結構距離があるので、我々は水面キャリーで群生地の真上と思われるところまで進みます。



そして、「このへんじゃろ!」って辺りで潜降開始。
降りたら、ジャストでアワサンゴが広がっています。



想像していたよりも上を行くほどの群生ぶりです。

時期的に近々産卵と思われますので、色がオレンジになっているものが多く、さらに茎(?)の中には卵と思われる物体がたくさん詰まっています。



折角の群生地なのに透視度が良くないのと浮遊物が多いので、ワイドな写真は綺麗に撮れません。



ひとしきりアワサンゴを堪能した後は、ゆっくりと岸に向かいながらお魚を探します。

やけに目につくのは、まるまると太ったニシキハゼが多いことと、そこらじゅうにハオコゼがいて危険なことです。
エントリー口のすぐ手前には、アマモやウミヒルモが生えていて、カレイ(yg)などがチョロチョロしていました。



さすがに70分オーバーだと最後のあたり、寒さを感じます。



帰りに、「グリーンステイながうら」の潮風呂に入って、疲れを癒しました。





9月12日(土) 周防大島
ポイント:ニホンアワサンゴ群生地


1本目

エントリー 10:19
エキジット 11:35
潜水時間  76分
水温     24度
最大水深  14.1m
平均水深  8.5m
透視度    5m
タンク   12L スチール
ウェイト  3kg



2本目

エントリー 13:04
エキジット 14:15
潜水時間  71分
水温     23度
最大水深  9.7m
平均水深  6.0m
透視度    5m
タンク    12L スチール
ウェイト   3kg


b0062010_17212863.jpg

b0062010_17214139.jpg

茎(?)の中の白いツブツブが、アワサンゴノ卵
b0062010_172159100.jpg

b0062010_172269.jpg

b0062010_17221414.jpg

b0062010_17222565.jpg

b0062010_17224192.jpg

[PR]

by classixism | 2015-09-13 17:27 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

2015年8月の須佐ダイビング

先月は、須佐に2回潜りに行きました。

ダイビングログをまとめて4本。




2015/08/02 長磯ビーチ 
En:11:17 Ex12:36 AveDept:5.7m MaxDept:10.0m 水温26℃

2015/08/02 深まてかたビーチ
En:15:02 Ex16:16 AveDept:7.5m MaxDept:15.1m 水温26℃


水温は異常に高く、水面では30℃以上も。
こんなに水温が高いのに、海中ではカラフルなお魚はまったくおらず、変な感じ。
ソラスズメダイすら1尾もいない状況。
ただ、サザエが至る所でひっくり返って腐って死んでいるのが目についた。
あと、お腹のぷっくら膨らんだゴンズイがいたな。





2015/08/22 長磯ビーチ (体験ダイビングの付添) 
En:11:29 Ex12:08 AveDept:2.5m MaxDept:4.2m 水温27℃

2015/08/22 深まてかたビーチ
En:14:14 Ex15:25 AveDept:5.3m MaxDept:10.1m 水温27℃

いまだにソラスズメすらいないが、深まてかたビーチでは、沖の根西とステージで黄色いサイコロを発見。
水面では、イワシの群れやアオリイカの編隊が泳いでいたよ。



b0062010_1836274.jpg

b0062010_18362264.jpg

b0062010_18363288.jpg

b0062010_18364099.jpg

b0062010_18364821.jpg

b0062010_1837316.jpg

b0062010_18371155.jpg

b0062010_18372195.jpg

b0062010_1837276.jpg
b0062010_18374251.jpg

b0062010_1838098.jpg

b0062010_1838753.jpg

[PR]

by classixism | 2015-09-06 18:38 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

ひょんなことから初ハワイ(2)

<<今回のブログでは一部、気分を害されるかもしれない表現が含まれておりますので、このまま読まれる方はご了承の上、読み進めてください>>




ということで、ハワイ2日目となる(現地時間)1月16日。

本日は、海三昧の予定です。

そのうち、午前に行ったダイビング編。





実は私、元々ハワイで潜る気は全くなかったんです。

しかし一緒に行くグループの方々総勢11名から

「体験ダイビングしたい!」

とか、

「ハナウマベイでシュノーケリングしたい!」

とか、

「パラセーリングしたい!」

とか、色々と要望が出まして、さらにそれを段取って!と。



ということで、昨年10月頃、まずはダイビングショップを決めまして、そこへこれらの要望をお願いしつつ打合せしていきました。


結果、なんとか1日にこの3つのアクティビティを詰め込んだのですが結構なハードスケジュールに。





まずは朝6:40にホテル前の駐車場に集合。

ホテルの朝食が6時からなので、結構タイトですが、ガッツリ食べました。

外へ出ると、まだ夜が明けきっておらず薄暗い空&雨。。。

そこでダイビングショップの方々がピックアップ。




ホテルから約15分くらいのホノルルの港へ。




港で各々ウェットスーツや機材を手渡され、着替え。

11名のうち、Cカードを持っているのは私ともう一人の2人で、残り9名は体験ダイビングです。

船は30人乗りくらいでしょうか。私たち以外にももう1グループおり、ガイドが4名プラス船長。

b0062010_22443422.jpg


船はゆっくりと出発し、港から約10分くらいで、ポイントへ到着。

こちらのポイントではCカード所持者のみのファンダイブです。

すでに他の船が3台くらいいて、その船のゲストさんたちが浮上するのを待ちます。


ファンダイブチームは機材の準備、体験チームはファイダイブの間に船上と海上でレクチャーをするという流れです。




ハワイって沖縄とかと違って、外海の波がそのままなんですよ。

沖縄とかだと、リーフエッジにあたって、リーフ内はほぼ波が無い状態ですけど、ハワイは普通に波立っているのです。


だから船もずっと長周期の大きな波にグワングワン揺られています。





そしてこの船を停めて待っている間に悲劇は起こりました。


まず一人、「気持ち悪い・・・」


といって船の後方に移動して海に大放出。


そしてまた一人・・・。


もう一グループからも一人・・・。


そんなこんなでみんなの顔が青ざめていくのを見ながら、みんなが放出したゲロが浮かぶ海の中へ私はファンダイブへGO!


事前情報で水温は22度くらいということだったので安心してエントリーすると、すっごく冷たい!

しかしダイコンを見ると、24度。

なんでこんなに冷たいんだろう?


潜降ロープにつたわりながら深度を下げると、沈船です。

そしていきなり、ホヌ!
(ハワイではカメのことをホヌといいます)

b0062010_22464196.jpg

b0062010_22465067.jpg

水深30mだけあって、さすがに暗いし、思っていたほど透視度は良くなかったです。
b0062010_2247077.jpg

b0062010_224795.jpg

もう1匹、違うホヌが泳いでいました。
b0062010_22471741.jpg

b0062010_22472536.jpg


浮上前にしつこくホヌの写真を撮っていたら、Decoが出ていました。

結構深かったのね・・・。

ガイドが早く上がれという中、ちゃんとゆっくりと浮上し、しっかりとデコストップしましたよ。



ハワイ ZXダイビング

1本目 ポイント:???(沈船)

エントリー 8:38
エキジット 9:06
潜水時間  28分
水温    24度
最大水深  30.5m
平均水深  20.4m
透視度   20m



船に上がると・・・、



まるで地獄絵図でした。



船に残っていたほぼ全員がそこらじゅうでゲロ吐きまくって横たわっていて。


朝、ガッツリと食べた和定食をすべて海に放出していました。






しかしそのまま、次の体験ダイビングをするポイントへ船は移動します。


次のポイントは陸からすぐそば。


ガイドが「はい、準備して!」という中、誰も潜ろうとしません。


だってここに来てもまだみんなゲロゲロなんです。

さらには1本目を一緒に潜ったもう一人も吐いて、2本目はパスと。




しかし旅行前から体験ダイビングを楽しみにしていた人ふたりが

「せっかく来たんだから」

とここで根性を出してエントリーします。


で、私もエントリーして、ガイド2人に体験2人、その後ろを私というグループで潜ります。


ここは最大水深12mの浅場なのですが、やっぱり透視度が良くありません。

後でガイドに聞くと、前の週までは透視度40mくらいありプールのようだったと。

b0062010_22481171.jpg


ハワイ ZXダイビング

2本目 ポイント:???(浅場)

エントリー 9:48
エキジット 10:30
潜水時間  42分
水温    24度
最大水深  12.3m
平均水深   8.7m
透視度   12m




結局、私たちのグループ総勢11名のうち、

私   ファンダイブ2本
Tさん ファンダイブ1本
Mさん 体験ダイブ1本
Nさん 体験ダイブ1本

残り7名、潜らず・・・早起きしてゲロ吐いただけ。





船は港に戻り、次のアクティビティのハナウマベイのシュノーケリングのショップがお迎えに来ていますので、休む間もなく移動です。




そしてここで一番気分が悪かった一人が脱落。

ホテルへ帰ることになりました。



この日1日分(3つのアクティビティ)の料金約3万円弱を支払って、ゲロ吐いただけで終了という、あまりに残念な結果です。






長くなったので、つづきの午後の部は次回!
[PR]

by classixism | 2015-02-20 22:48 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

今頃になって今期開幕!?

11月1日 曇り時々雨 気温21度

今年、なんと夏の間に一度も海に行けず・・・。

仕事やら豪雨やらで、海へ行きたいと思っていてもなかなか行くことができず、とうとう11月になってしまいました。

1999年にスクーバダイビングを始めてから、1本も潜らなかった年はないので、今年もこのままでは終わらせません!

ということで、11月に入ってしまいましたが、やっとオイラの今期開幕戦です。


萩市須佐  須佐リゾートダイビングサービス

1本目 ポイント:深まてかた

エントリー 11:16
エキジット 12:18
潜水時間  62分
水温    21度
最大水深  8.9m
平均水深  5.2m
透視度   9m



2本目 ポイント:長磯

エントリー 14:35
エキジット 15:50
潜水時間  75分
水温    21度
最大水深  12.9m
平均水深  6.1m
透視度   13m


そうそう、今回、ニューデジカメのシェイクダウンでした。
購入は昨年末だったんだけど、海に行けてなかったので今日がお初!

オリンパスのTG-830

プログラムオートでシーン海中を選んでやると、なんとストロボ無しで結構撮れちゃう。

水中マクロも、ギリギリまで寄れるし。

さらに動画もHDできれいに撮れちゃうのね。

費用対効果がスゴイぞ、このカメラ。



では、写真は1本目、2本目取り混ぜてどうぞ。

まずは、砂地を行くtamaさん。
b0062010_0105580.jpg



イシダイ。大きくなりすぎてクチグロですわ。
b0062010_0112825.jpg



コブダイの幼魚
b0062010_012595.jpg



クロユリハゼのペア
b0062010_0122623.jpg



試しに撮ってみた普通種のハゼ
b0062010_0125447.jpg


もう1回、クロユリハゼ
b0062010_0131965.jpg



試しに撮ってみた普通種のカサゴ
b0062010_0135551.jpg



イソギンチャクの中にいたエビちゃん。マクロの練習。わかるかな?
b0062010_0145939.jpg



稚魚が放流されて、そこらじゅうにいるキジハタ
b0062010_0153998.jpg



砂に隠れていたシマウシノシタ
b0062010_0164056.jpg



シマウシノシタと戯れる稲村しぇんしぇい
b0062010_017643.jpg



ユラユラと波に揺られて枯葉に擬態しているヒゲダイの幼魚
b0062010_0175191.jpg




ホントに久しぶり(1年ぶり?)に潜ったけど、「信頼できる仲間」と「いつもと変わらない地味な須佐の海」でまったりと過ごせて、たっぷりと癒されました。



というわけで、今期開幕戦が無事に終わり、そして・・・今期最終戦も無事に終わりましたとさ。


だって、水温21度は、さすがに40分過ぎると寒くて寒くて思考停止になるよ。
[PR]

by classixism | 2014-11-02 00:22 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)