カテゴリ:スキューバダイビング( 52 )

3日目はのんびりと愛媛を満喫しながら帰るだけです。
ここで、徳田旅館の1日目と2日目の夕食を紹介します。

b0062010_12065212.jpg

b0062010_12070362.jpg
すっごくおいしくて、腹いっぱい食べました。
徳田のお母さん、次回もよろしくです!




朝8時過ぎに柏島を出発し、R56を愛媛方面へ。

同行ビギナーメンバーのリクエストにより途中、「下灘駅」へ寄ることに。

高速道を大洲で下りて、そこから長浜方面へ。
長浜まで出たらそこから北上。

下灘駅というのは海のそばにあるJRの無人駅で、そのロケーションにより、映画やTVでもよく使われるスポットなのです。


b0062010_12072403.jpg


b0062010_12073384.jpg

天気が良かったので、海の青さと空の青さがきれいです。

ちなみに下灘駅から見える目の前の島が、猫好きな人には有名な猫の島「青島」です。

私が松山に住んでいたころは、こんなに有名ではなくて、普通に素通りしていましたけどね。





それからいつもどおり道後へ向かいます。

13時過ぎ、道後温泉本館前を通って、道後商店街へ。

商店街の中のお店もさすがにいろいろと入れ替わっています。
なんせ、私がここで生活していたのは20数年前ですからね。


そして地元用の椿の湯に入ろうと思っていたけれど、現在改装中ということでした。



次に、私の松山での4年間の生活を支えていただいていた「道後亭」 へ。

b0062010_12083994.jpg

ここのうどんは相変わらずおいしい!
私の中で不動の第1位です。




で、椿湯のとなりに「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」というのがこの9月にオープンしたんよという話を聞いて、そちらへ行ってみました。


b0062010_12085176.jpg

b0062010_12090009.jpg


私たちは2階の大広間で休憩、浴衣、お茶、お菓子のサービスのあるコースをお願いしました。



料金は「椿の湯」と比べると高めですが、高級感もあり、スタッフのサービスもよいし、ちょっとした観光気分を味わえました。

お風呂から出た後は、道後商店街入り口近くの10FACTORYでみかんジュースを飲んで、商店街でお土産物を買いました。


b0062010_12103535.jpg

その後、17:35のフェリーに乗船し、柳井港へ。


家に帰ったのは結局21時過ぎ。この3日間の走行距離は537km。

b0062010_12104647.jpg

リフレッシュできた3日間でした。



















 .

[PR]
by classixism | 2017-11-23 12:19 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

11月12日(日)快晴

昨日の強風、大波が嘘のように良い天気。
b0062010_22255904.jpg

今日は3本潜る予定。
b0062010_22305252.jpg

まずは1本目。

ダイブNo.248

柏島 後浜No.3

En 8:28
Ex 9:21
DiveTime 53min
AveDept 7.9m
MaxDept 12.9m
水温 22.9℃

12Lスチールタンク
5mmウェットスーツ+3mmフードベスト
ウェイト4kg


ビギナー3人のスキル把握のため、後浜No.3ブイから潜降し、浅場のサンゴ礁へ。


チシオコケギンポ
b0062010_22261606.jpg
シマウミスズメ
b0062010_22262405.jpg
ハナミノカサゴ
b0062010_22263236.jpg
ムラサキウミコチョウ
b0062010_22264012.jpg
クマノミ
b0062010_22265248.jpg
b0062010_22270963.jpg
b0062010_22271786.jpg
などなど。





続いて2本目。

ダイブNo.249

柏島 勤崎

En 10:45
Ex 11:30
DiveTime 45min
AveDept 13.4m
MaxDept 34.2m
水温 22.7℃

12Lスチールタンク
5mmウェットスーツ+3mmフードベスト
ウェイト4kg


-34mでピグミーシーホースを見よう!


スケロクウミタケハゼ(3mm)
b0062010_22274371.jpg

ピグミーシーホース(3mm)
b0062010_22275636.jpg

サンゴ
b0062010_22280479.jpg
さすがに-34mでピグミーを堪能しているとDecoが気になってくるが、ビギナー3人に伝えられないし、理解してもらえないのが心配でした。





午後から3本目。

ダイブNo.250

柏島 後浜No.2

En 14:25
Ex 15:18
DiveTime 53min
AveDept 13.0m
MaxDept 29.2m
水温 22.8℃

12Lスチールタンク
5mmウェットスーツ+3mmフードベスト
ウェイト4kg



私の250本記念ダイブ!

そしてビギナー3人にハナヒゲウツボとイバラダツを見せてあげたい!


まずは一直線にハナヒゲウツボ(成魚)へ。
b0062010_22282858.jpg

続いて、ハナヒゲウツボ(Yg)へ。
b0062010_22283744.jpg

イバラダツ
b0062010_22284484.jpg

ソラスズメたち
b0062010_22285297.jpg


ビギナーのバッファロー軍団のシンガリを仰せつかっておりますので、ニシキフウライウオ(ペア)やクダゴンベは写真が砂だらけでお見せできません。



これにて私の250Dive終了。
b0062010_22290492.jpg



ボートから桟橋へ降り立つと、島の子供たちが釣りをしていて、なんと!クマノミちゃんが釣られていました・・・普通に。
b0062010_22291905.jpg




この日の徳田旅館の夕食は、分厚いブリシャブのご馳走でした。
b0062010_22295700.jpg


その後、AQUASにてログ付け。

先月の青海島に続いて、またまた写真家の吉野先生とご一緒させていただきました。
b0062010_22301785.jpg



そんなこんなで今年のダイビングは終了!
さぁ、機材をオーバーホールに出そう。


















 .

[PR]
by classixism | 2017-11-21 22:32 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

11月11日(土)朝5時に岩国を出発。
総勢4名なので、車1台で決行。


本日の予定は、午後1時半頃までには柏島へ到着して1本潜るつもり。


午前7:05 柳井港発のフェリーに乗船し、9:30に松山の三津浜港へ入港。
天気は快晴。
b0062010_19134485.jpg

そこから高速道の伊予インターへ向けて走行。
若干渋滞もあったが、無事に高速道へ入り一路、津島岩松インターを目指します。


計画よりも遅れ気味で11時半頃に津島岩松インターを通過、早めの昼飯に愛媛のソウルフード、大介うどんに向かいます。


大介うどん到着が12時前。
なぜか、ソバを4玉も食べるワタクシ。
b0062010_19140016.jpg


この後、柏島アクアスのやっちゃんから電話が入り、どうも風・波が強くて潜れそうにない・・・と。
船は出ないので、潜るとしてもビーチだけど、それも厳しいよ・・・と。


ま、とりあえず柏島まで行って、ビーチを見てみましょうということになり、車を進めます。




13:30に柏島到着。


島を一望できるところに車を止めて外へ出てみると、車のドアが開かないくらいの強風。
そして赤灯台や後浜には、ザッブ~ンという白波。
b0062010_19145087.jpg

赤灯台のビーチへ行ってみると、無理やり潜った方々がエキジットしてきたところだけど強風でビーチの砂が飛んできて痛いのなんの。


次にアクアスの裏手の防波堤から後浜を見てみると、台風以上の風&波。
笑っちゃうくらいの強風で、立っていられない状態でした。
b0062010_19153168.jpg


ここでみんなで、今日潜るのは諦めようと決めました。




で、空いた時間に何をしようかと。




大月町で遅咲きのヒマワリが咲いているよ!ということで、そこへ行ってみることに。

11月というのに確かに咲いていました。
b0062010_19155966.jpg
背丈は小ぶりだけど、畑いっぱいのヒマワリ。
地元のおばちゃんの話によると、稲刈りが終わった後の畑にヒマワリの種をまいて、時期をずらすのだそう。




時間はまだ15時すぎ。





次は何しよう?





足摺岬でも行ってみるか!


と、かる~いノリで言ってみたものの、結局1時間半くらいかかって足摺へ到着。
結構、遠いのね。

b0062010_19162069.jpg
b0062010_19162842.jpg
b0062010_19163441.jpg
足摺岬で日没を眺めて、柏島まで帰島。




18:30頃、島へ帰ってきたけど、風は止んでいて、空を見上げると、一面の星空。
天の川までしっかりと見られて、すっごくキレイでした。





そして常宿の徳田旅館でおいしいおいしい海の幸盛りだくさんのご馳走を食べて、1日目は終了。



















 .

[PR]
by classixism | 2017-11-19 19:22 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)

ダイブログ No.246-247

2017/10/28 台風襲来前に山口県長門市青海島に行きました。

今回はビギナーさん3名と私の総勢4名。

朝7:30に岩国を出て、10時に青海島に到着。
利用するショップは、前回と同じくシーアゲインさん。


さすがに10月末だし、台風前だし、生憎の雨ということで全部のお客さんでも20人弱くらいでしょうか。

ですが、たまたま海洋写真家 吉野雄輔さんが青海島へいらしてまして、奥様に記念写真を撮っていただきました。

b0062010_10144615.jpg

まずは1本目。

ダイブNo.246

青海島船越 左の瀬

En 10:51
Ex 11:41
DiveTime 50min
AveDept 8.5m
MaxDept 14.1m
水温 20.5℃

10Lスチールタンク
5mmウェットスーツ+3mmフードベスト
ウェイト4kg


透視度が悪くて3~4mといったところ。
b0062010_10150611.jpg


コノハミドリガイ
b0062010_10151452.jpg


オドリカクレエビ
b0062010_10152476.jpg


クマノミ
b0062010_10153459.jpg


シボガウミウシ
b0062010_10154129.jpg





午後から2本目。

ダイブNo.247

青海島船越 青の洞窟

En 13:10
Ex 13:55
DiveTime 45min
AveDept 6.2m
MaxDept 12.4m
水温 20.5℃

10Lスチールタンク
5mmウェットスーツ+3mmフードベスト
ウェイト4kg



マダコの抱卵
b0062010_10155462.jpg


オトヒメエビの抱卵
b0062010_10160254.jpg


ヒロウミウシ
b0062010_10161042.jpg


ボウズコウイカが洞窟の奥にペアでいました。
b0062010_10161709.jpg




水温が20度あったので、まだ寒さを感じずに潜ることができました。



















 .

[PR]
by classixism | 2017-10-29 10:18 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

ダイブログ No.244-245

2017/07/30 山口県長門市青海島に行きました。

利用したダイビングサービスは山口市内にあるシーアゲインさん。

今回は一昨年・昨年とOWを取得したビギナーさん5名とダイバー仲間2名と私の総勢8名という大所帯なので車2台で出発。

まずは朝8:30に山口市のショップへ。
皆さんをピックアップするために家を出たのは5:45。

シーアゲインは初めての利用なので、一通り説明を受けて、ショップの車に付いて行って青海島へ10時過ぎに到着。


こんなところです。
b0062010_20475664.jpg


想像してたよりも、ダイバーが多くてびっくり!
70人以上はダイバーがいたと思います。


さらに海水浴客もキャンパーもBBQしてる人もいっぱい。


まずは1本目。

ダイブNo.244

青海島船越 左の瀬

En 11:07
Ex 11:51
DiveTime 44min
AveDept 9.1m
MaxDept 14.4m
水温 26.0℃

10Lスチールタンク
5mmウェットスーツ
ウェイト3kg


とりあえず総勢8名+ガイドさん2名でエントリー。
目的はハナイカの卵というか、ハッチアウト。



結果は
b0062010_20483649.jpg
手前のほうは、ハッチアウトしちゃっていて、奥のほうに2つ残っているんだけど、よくわからない、残念。



次はなんと、クマノミ!
b0062010_20485628.jpg

b0062010_20490580.jpg

b0062010_20491713.jpg
山口県でクマノミが見れるとは、ありえへん。
ちゃんとイソギンチャクについていたので、しばらくは見られるのかな。







そして2本目。

ダイブNo.245

青海島船越 洞窟

En 13:26
Ex 14:35
DiveTime 69min
AveDept 6.7m
MaxDept 13.0m
水温 25.7℃

10Lスチールタンク
5mmウェットスーツ
ウェイト3kg



ビギナーさん4名は別班に分けて、経験ダイバーにてエントリー。

まずは沖の瀬に向かい、オトヒメエビ。
b0062010_20495449.jpg


カレイ
b0062010_20500834.jpg


ミチヨミノウミウシ
b0062010_20502129.jpg


サラサウミウシ
b0062010_20503203.jpg


コモンウミウシ
b0062010_20504375.jpg


スナダコ
b0062010_20505512.jpg


あっちこっちにミノカサゴ
b0062010_20511048.jpg

b0062010_20512215.jpg



オニオコゼ
b0062010_20514150.jpg


洞窟
b0062010_20515231.jpg




洞窟の壁には、ウミウシがいっぱい。



こんなにいっぱいダイバーがいる環境は沖縄や柏島以来だったので新鮮だったし、なかなか楽しかったけども、なかなかしんどい部分もある。

なんせ家から片道160kmオーバー。

あと、人が多すぎて、水面休息の間、休憩する場所も無く炎天下にて昼食&休憩。



まぁ、SUSARESORTが再開するまではここまで来るしかないか。


















.

[PR]
by classixism | 2017-07-31 20:54 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

2016年6月26日(日)

ビーチダイビング 山口県 萩市 須佐


昨年秋にオープンウォーターを取得した新人ダイバー5人を引き連れて、梅雨真っただ中の海へGo!

例年だと6月下旬の海水温はまだ18℃くらいで寒いんですけど、今年はすでに20℃を超えているということで、安心してエントリー。


キイロウミコチョウという1mmくらいのウミウシがアチラコチラにいたほか、マンリョウウミウシ、アオリイカの新鮮な卵、ギンポも産卵、きれいなミノカサゴなどが見られました。

新人さんたちは、まだまだ中性浮力がとれないのと、バッファロー軍団で必死に泳ぎ空気消費が激しいので2本とも潜水時間は短くなっていますが、まぁ、しょうがない。

はやいとこ、一人前になってもらいましょう。

b0062010_15364479.jpg


b0062010_15365532.jpg


b0062010_1537226.jpg


b0062010_15371096.jpg


b0062010_15372865.jpg



DiveNo.235
1本目 ながいそ

エントリー 11:25
エキジット 12:12
潜水時間  47分
水温    22.2度
最大水深  15.9m
平均水深   7.0m
透視度    10m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
5mmOP/RS セミドライ+フードベスト



DiveNo.236
2本目 ながいそ

エントリー 14:42
エキジット 15:33
潜水時間  51分
水温    22.5度
最大水深  10.6m
平均水深   5.6m
透視度    10m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
5mmOP/RS セミドライ+フードベスト














.
[PR]
by classixism | 2016-07-09 15:39 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

2016年 潜りはじめ

2016年5月7日(土)

ビーチダイビング 山口県 萩市 須佐


1本目 ながいそ


エントリー 11:14
エキジット 12:15
潜水時間  61分
水温    16.0度
最大水深  12.6m
平均水深   7.2m
透視度    15m
タンク   10L スチール
ウェイト  8kg
6.5mm J/RSカブリ+フードベスト



今日はもともと潜るつもりではなくて、稲村しぇんしぇいのPCを復活させるということで須佐リゾートへ参上しました。


ですが、PCの方はほとんど自力で修復されていたので、潜ることに。


この時期しか、ここでは見られない「ダンゴウオ」も見たかったしね。


10年くらい前は4月下旬からセミドライスーツで潜っていましたが、今では冷たさに負けて、水温20度以上でないと潜るのを躊躇っています。


今日は、稲村しぇんしぇいの計らいで、6.5mm(ロクハン)のカブリスーツを借りることが出来、幸いサイズもピッタリだったので安心してエントリーできました。


ただし、ウェイトがいつもの倍の8kg。

それでも浅場ではプラス浮力で両手に岩を持ちウェイト代わりに。




そして念願のダンゴウオに初対面。

体長5mmくらいでしょうか。

肉眼では確認できるのですが、カメラのモニターではどこにいるのかよくわかりません。

なので、適当にシャッターを切ります。

それで撮れたのがこんな写真。

b0062010_2255751.jpg


b0062010_22687.jpg


ダンゴウオ、わかりますか?

b0062010_226191.jpg


b0062010_22628100.jpg



こんな感じで、ダンゴウオに食いつきます。

b0062010_2264385.jpg




稲村しぇんしぇいは、自作の老眼対策マスク(笑)にて視界を確保しています。

b0062010_2265861.jpg



いくらロクハンといえど、やはり潜降30分すぎたあたりから寒くなってきます。


アカクラゲも時々いたので、千切れた触手などの被害を受けないようにかわしていきます。
b0062010_2271283.jpg



ということで、2016年の潜り始めのレポートでした。

b0062010_2272695.jpg
















.
[PR]
by classixism | 2016-05-07 22:07 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

2015年11月22日(日)

ボートダイビング 山口県 萩市 須佐


1本目 地ノ島No.6 (通称 ロク)

b0062010_12295025.jpg


エントリー 10:39
エキジット 11:29
潜水時間  50分
水温     19度
最大水深  29.0m
平均水深  12.7m
透視度    15m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
セミドライ+フードベスト


1本目のポイントは、SUSAリゾートからボートで20分くらいのところ。
途中、海からのホルンフェルスも見ることができます。


エントリーしてすぐに、イワシの群れ、アジの群れがお出迎え。
深度を下げると、ブリの群れ、イサキの群れ、といった具合に
久しぶりに魚の群れに圧倒されました。
b0062010_1230272.jpg

b0062010_12301057.jpg

b0062010_12301738.jpg


そのあとはコブダイ、クエ、ソフトコーラル、ハコフグなどを
眺めてアンカーロープへ。
b0062010_12303215.jpg

b0062010_1230393.jpg

b0062010_12304641.jpg

b0062010_12305437.jpg

b0062010_1231492.jpg

こいつは猛毒のイイジマフクロウニ
b0062010_12312647.jpg




アンカーロープには、若葉マークのダイバーの群れ(笑)
b0062010_12315399.jpg

b0062010_1232177.jpg

b0062010_1232868.jpg

b0062010_12321772.jpg





2本目 天神島 西の回廊

エントリー 12:43
エキジット 13:32
潜水時間  49分
水温     19度
最大水深  20.3m
平均水深  11.0m
透視度    15m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
セミドライ+フードベスト


2本目は船で5分くらいのところ。
渡し船で渡ってきている磯釣り客もたくさんいます。

b0062010_12333644.jpg






1本目はエキジット前までは寒さも感じなかったけど、
さすがに2本目は中盤あたりから寒くて寒くて・・・。





これにて今年のダイビングは終了かな。
[PR]
by classixism | 2015-11-23 12:34 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

新人OWダイバーさんと

私の同僚6人が、10月からOW講習を始めて、11月初旬に無事、Cカードを取得しました。


そこで、ダイバー認定記念として、みんなでお祝いをしようと。


その前に、1本潜っときますか・・・ということで結構シケてたけども長磯ビーチへGO!


2015年11月7日(土)  山口県 萩市 須佐 長磯ビーチ

1本目

エントリー 10:21
エキジット 11:12
潜水時間  63分
水温     20度
最大水深  17.5m
平均水深  8.5m
透視度    5m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg
セミドライ+フードベスト


エントリー時点からすでに波がザッパーン!!!

海中もウネリが結構あり、おまけに透視度も悪い。

そんな中を新人ダイバーさんは果敢に進んでいきます。
砂を巻き上げながら・・・。


深度が10m以上になるとウネリも無くなりますが、視界は悪いまま。


今年は夏の間に現れなかったソラスズメダイがこの水温まで下がっているにもかかわらず、少しずつ増えてきています。

ミノカサゴのお子ちゃまもチラホラ。

サンゴイソギンチャクにはエビちゃん。

ソラスズメダイやスズメダイの中にアカオビハナダイも数匹。



まだ、あまり寒さを感じない程度のダイビングでした。


b0062010_1013220.jpg

b0062010_10131282.jpg

b0062010_10132288.jpg

b0062010_10133225.jpg

b0062010_10133981.jpg

b0062010_10134810.jpg




エキジット後は、須佐駅前の好月旅館別館にて、男命烏賊(みこといか)三昧!

まだ動くし、表面の色も変わるほど新鮮なミコトイカの刺身に、イカの煮物、イカの天麩羅などなど、イカずくしで大満足のダイバー集会でした。

b0062010_10171432.jpg

[PR]
by classixism | 2015-11-15 10:17 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(0)

9月に引き続き、またまた周防大島を潜ってきました。


前回潜ったときには、ニホンアワサンゴにタマゴがいっぱい詰まっていましたが、この1ヶ月で産卵し終わったようで、プラヌラ幼生はまったく見つかりませんでした。


b0062010_1162334.jpg

b0062010_1163590.jpg

b0062010_1164221.jpg


10月5日(土) 周防大島
ポイント:ニホンアワサンゴ群生地


1本目

エントリー 10:40
エキジット 11:43
潜水時間  63分
水温     22度
最大水深  13.1m
平均水深  7.0m
透視度    5m
タンク   10L スチール
ウェイト  4kg



2本目

エントリー 13:46
エキジット 14:59
潜水時間  73分
水温     23度
最大水深  15.0m
平均水深  8.9m
透視度    5m
タンク    10L スチール
ウェイト   4kg





今回は、一緒に潜った俊さんがなんと、ドローンを持ってきていたので、ちょっと飛ばして撮影してみました。

b0062010_1174397.jpg

b0062010_1175240.jpg




もうこの時期、ウェットでは水面休息時間が寒いので、今シーズンはこのポイントは最後かな。
[PR]
by classixism | 2015-10-12 11:10 | スキューバダイビング | Trackback | Comments(2)