セカンドオピニオン

脳脊髄液減少症の治療について、色々と調べた結果、
1.近くに治療(ブラッドパッチ)できる病院がない
2.保険適応外で20~30万円くらいかかる
3.ブラッドパッチは弊害も多いらしい

ということがわかって、ちょっとビビッていたところ、ごく最近の症例でプラセンタ療法が「低髄液圧症候群」に有効というものを北九州の病院が発表しているということがわかったので、そこへ行ってみた。北九州市戸畑区にあるひわき医院という病院。

行く道中も、新幹線で横になって、鹿児島本線では前かがみにしておき、だましだまし行ったが、駅から病院まで約10分の道のりはもう限界でした。

で、先生と話をした結果・・・
まだ「低髄液圧症候群」とは断定できない。
  →半年経っても直らなければ、低髄確定。
腰椎麻酔の液が頭部に上がって炎症を起こしているのかもしれない。
  →安静にしていれば1ヶ月くらいで直るはず。

ということでした。セカンドオピニオンを聞くとちょっと安心するね。
でもどっちにしてもこのままでは日常生活ができないということで、この病院でやっている、プラセンタ療法というものをやってもらいました。これまた保険適応外で約1万円。

といってもお尻に注射(激痛)をするだけなんだけど。

で、帰りも病院を出る前から頭はフラフラで痛いのだけど、我慢しながら近くのラーメン屋さんで北九州とんこつラーメンを食べて、痛みに耐えながら、鹿児島本線・新幹線と乗り継いで帰宅。

痛みで頭が上げられないので、ずっとうつむき加減で、景色も何も見ていない。見ていたのは人々の足元ばかり。トホホ。
[PR]
トラックバックURL : http://mariner.exblog.jp/tb/5056476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tmc47 at 2006-06-19 11:15
とんこつラーメンは髄液補充しそうな感じですな 気分的に^^
Commented by classixism at 2006-06-19 11:23
コメント早っ! 食べたお店はどっちかっていうと「あっさりとんこつ」だったんですよ。こってりとんこつが好きな私としてはイマイチだったんだけど、もうそれ以上歩いて探す気力がありませんでした。
by classixism | 2006-06-19 10:56 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)