この1週間いろいろ

この1週間、いろんなことがありました。
話せば長くなるのだけど、話さなかったらブログにならないので、お話します。

■その1 祖母のこと

この1週間の話をする前にまず今年の4月の話をします。それは忘れもしません4月4日に父の13回忌を自宅で行いました。祖母・母・兄・姪・私・嫁の6人でお坊さんを招き行ったのですが、お坊さんが「お祖母さんは92歳にしてはお達者ですねぇ」なんて言ってくださるほど、ほんとに元気だったんです。昨年まではボケもなかったのですが、今年に入ってから認知症が激しくなりました。

で、4月5日の午前中に母から私に祖母が救急車で運ばれたという電話がありました。会社を早退して病院に駆けつけると、右足大腿骨骨折のレントゲン写真がありました。そして骨の代わりに人工骨頭という鉄を埋め込む手術を受けたのです。92歳という高齢もあり、医者からはかなりリスクが高いという説明を受けました。

それからリハビリ病院、老人施設と移って、やっと10月に自宅に帰ることが出来ました。でももうボケボケで自宅がわからなくなっていました。

それから約2ヶ月弱経って先週の日曜日11月20日に紅葉を見せようと祖母と母と私の3人で市内の紅葉の見れる公園に行きました。観光客もいっぱいで、紅葉もきれいでした。そこで、祖母がバタッと転倒したのです。痛がる祖母をオンブして車まで帰りました。車の中で祖母に「痛いか?」と聞いてみたところ「痛い」というので、そのまま救急病院に連れて行ってレントゲン撮影したところ、4月と同じ大腿骨骨折、今度は左足。そのまま入院して夜にバタバタと荷物を運び込みました。

もうガックリ。

25日に手術を受けました。経過は今のところ良好らしいです。


■その2 自分のこと

恥ずかしい話ですが、3年前に突然「痔」になりました。そのときはお尻の外側に吹き出物ができて、激痛で動けなくなり、1週間うつ伏せで寝込みました。それ以来、ヤバイ兆候は幾度と無くあっても、動けなくなるほどの痛みはありませんでした。

が、今週23日に祖母の介護に行っているときに「なんかヤバイな・・・」と朝から気づいていたのですが、午後からかなりな痛みに変わってきて、夕方には動けなくなるほどの激痛になっていました。どうやら3年前と症状は同じようです。そこで熱いお風呂に30分くらい入って、3年前の薬を飲んだり塗ったりしてみました。

しかし翌日も症状変わらず、動けません。会社を休んで家でじっとしていました。夜にまたまた熱いお風呂にじっくり入って、薬を飲んで塗って。
翌日、少し快方に向かっているようですが、まだ気を抜けません。
土曜日夜には、ほぼ痛みもなくなり普通に座れるようになりました。

3年前の教訓があり、早い段階でいろいろと処置したのが良かったみたいです。こればっかりは、痛くなってから医者に行ってもどうしようもないので、痛みや腫れが治まるまでじっと動かずに耐えるしか方法が無いのです。トホホ。

いつかは、抜本的に対処する方法をとらねばならんかな・・・。


■その3 温泉部ツアー報告

11月12~13日にダイバー仲間総勢7名で九州に温泉ツアーに行きました。
詳細は-Blue Scene-で報告してます。


■その4 わらしべ未遂

びっくりしたのと面白かったので、また明日、別投稿します。
[PR]

by classixism | 2005-11-26 23:29 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mariner.exblog.jp/tb/3827123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。