喉ってデリケートなの

木曜日からの体調不良もようやく回復の兆しが見え始め、残るは、喉の痛みのみとなりました。

なのにもう、薬はすべて飲み干しました。 ←まだ、治ってないぞ!




そんなこんなでグッタリ過ごしている間にも、世間はもう8月に突入してしまいました!


サマーミッドな感じじゃないですか!

b0062010_23295368.jpg




なので今日は外出をしてみました。  で、腕時計を見ると・・・、おっ、止まってるやん!

オイラの腕時計はオートマチック自動巻きなので、40時間ほど放置しておくと、止まってまうのら。



コラッ! もっと働け!





話を元に戻すと。


喉の痛みについて説明させてもらうと、今回に限り、2段階の痛みが発生しています。


第1段階
一般的に扁桃腺が腫れるとモノを飲み込むときに発生する痛み。ツバを飲み込んでも痛いヤーツ。
これも普通の痛みよりもかなりレベルアップしてるけど。


第2段階
今回、何故か飲み込んだ後に波状攻撃のように襲ってくる痛み。
モノを飲み込んで喉元を通り過ぎた後に、まるでそこに硫酸をシャワシャワシャワーと掛けられた(実際そんな経験はあるはずもないけど)かのような激痛のヤーツ。












この第2段階の痛みを皆さんにご説明するために、個人的喉の痛み単位(ndit :エヌディーアイティ :通称ノドイタ)を用い、オイラがこの数日間に体感した食べ物を第2段階の痛みのみを抽出して数値化してみました。



牛乳・・・2 ndit

水・・・5  ndit

おかゆ・・・11 ndit

アクエリアス・・・15 ndit

冷やしかけうどん・・・26 ndit ←意外に低い結果に。

冷ソーメン・・・37 ndit

パウンドケーキ・・・39 ndit

食パン・・・44 ndit

きゅうりの酢の物・・・51 ndit

100%野菜ジュース・・・58 ndit ←意外に高い結果に。

鳥の唐揚げ・・・67 ndit

茄子の漬物・・・71 ndit

ペプシネックス・・・73 ndit

デミグラスソース・・・79 ndit

納豆・・・88 ndit

ナメコの味噌汁・・・91 ndit ←ココ以上は気合が必要。

梅干・・・99 ndit




ざっと、こんな結果でした。




測定しようとして思い留まったのが、「キムチ」でした。


実際、ナメコ汁(91 ndit)や梅干(99 ndit)の時、5分間くらい口に入れたことを後悔してしまいましたから。


今、キムチを食すということは、生死の境を旅するようなもんだ”という自己防衛本能が発動しました。




あたりまえだよ!




b0062010_23273939.jpg


実際、喉の痛みが直る見込みも不明だけども、薬も飲み干したし、明日は病院も勝手な都合で休みだし、身体的にはもう平気みたいなので、明日から仕事復帰します。




b0062010_23341610.jpg

オ・マ・ケ
[PR]
トラックバックURL : http://mariner.exblog.jp/tb/13691389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by classixism | 2010-08-01 23:14 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

水中雑技を極める・・・という、へっぽこダイビングスタイル


by classixism
プロフィールを見る
画像一覧